iPhone の壁紙をカレンダーの画像にすれば超便利です!

mmCalendar(壁紙カレンダー)


「来週の水曜って何日?」
「次の祝日っていつ?」

日付や曜日、祝日が気になった時にぱっと調べられないとイライラしてしまいますね。

でも、iPhoneのロック画面やホーム画面にカレンダーが表示されていればそんな問題は解決しちゃうのです。何かアプリを起動しなくても、サッと確認できてしまいます。地味ですが超便利です。騙されたと思ってぜひ試してみてください。

簡単に設定できる便利な無料アプリを3つご紹介します!

ロック解除のシンボルがニクい Quick Calendar

Quick Calendar
まずオススメするのがQuick Calendar

表示する月も1〜6ヶ月から選べ、レイアウトもパターンがたくさん用意されています。

ロック解除のところに表示されるシンボルも、個性的でとってもオススメです。

アプリの詳細はこちら。
Quick Calendar: 必要な時に即!日付を確認できる、カレンダー壁紙作成アプリ。無料。1844


AppBank 公式の壁紙用アプリ mmCalendar

mmCalendar(壁紙カレンダー)
iOS4 から変更できるようになった壁紙。

便利になった機能をふんだんに使おう!ってことでAppBank から提供させていただいた壁紙をカレンダーにできるアプリ「mmCalendar」です。

ホーム画面に設定しても使いやすいレイアウトになっています。

アプリの詳細はこちら。
mmCalendar(壁紙カレンダー): 壁紙にシンプルなカレンダーを追加させよう。無料。2024

祝日が見やすい 卓上カレンダー2012

DeskCal2012
「今日は何の日?」なんの祝日なのか聞かれても答えられる「卓上カレンダー2012」です。

ロック画面だけでなく、ホーム画面用の画像を作成することもできます。設定はとっても簡単ですよ。

アプリの詳細はこちら。
卓上カレンダー2012:シンプルカレンダー: ロック画面などにカレンダーを表示しましょう。無料。


すべて無料のアプリです。
ぜひお試し下さい!!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ