iOS 5 にアップデートした iPhone 3GS のバッテリが膨張する事例について。考えられる原因と対策。

最近、インターネット上で iOS 5 にアップデートした iPhone 3GS のバッテリが膨らみ、ボディを破壊したという事例がいくつか紹介されています。

果たしてその原因はどこにあるのでしょうか。iOS 5 へのアップデート?それとも iPhone 3GS のバッテリが寿命を迎えたのでしょうか?

今回はこの事例を分析し、考えられる原因と対策をご紹介します。

バッテリ膨張の原因は「ガス」

バッテリが膨張する原因は、通常起こり得ない反応が内部で生じて発生するガスです。いわばバッテリはガスによって風船のように膨らむのです。

そんなガスが発生する原因は、主に5つ考えられます。

  • バッテリへの強い衝撃
  • 高温環境下での使用
  • 経年による劣化
  • 充放電の繰り返し(通常の使用)による劣化
  • 初期不良

原因が iOS 5 へのアップデートである可能性は小さい

iPhone 3GS は発売から1年以上が経ちます。携帯電話ですから日常的に持ち歩き、使用する頻度も高く、落下させてしまってバッテリに衝撃を与えることもあります。

そこに iOS 5 へのアップデートが重なり、あたかも iOS 5 へのアップデートが iPhone 3GS のバッテリを膨張させる原因となったように見えた可能性があります。

また、バッテリの製造元・時期が全く同じ iPhone 3GS を2つ用意し、片方を iOS 4、他方を iOS 5 へアップデートして同一環境で使用する、比較実験は行われていません。

よって、現時点で iOS 5 へのアップデートがバッテリ膨張の直接原因と断定するのは早計と言えるのではないでしょうか。

一方で iOS 5 へのアップデートが原因である可能性もまた残っており、今後の Apple の発表に注目したいところです。

「アップデートしない」という対策の有効性

一番の対策は iOS 5 へアップデートしないことでしょうか。

しかし iOS 4 にはセキュリティ上の問題があります。また、iOS 5 を必要とするアプリは当然のことながら iOS 4 では利用できません。

また、iOS 5 へアップデートしなくても、バッテリへ強い衝撃が加えられたり、劣化した状態のバッテリを使い続ければ、バッテリが膨張する可能性はあります

対策:バッテリに負担をかけない

iPhone に限らず、iPad/iPod シリーズなどリチウムイオンバッテリを搭載するデバイスすべてに共通する対策は、バッテリに負担をかけないことです。

例えば以下のことが、バッテリに負担をかけないことに繋がります。

  • 真夏の車内など高温環境下で使わない・放置しない
  • 強い衝撃を加えない
  • iPhone を改造しない
  • 定期的に iPhone を使う・充電する

バッテリは使わなくても劣化します。定期的に充電・使うことが極端な劣化を防ぎます。

知らない間に膨張して爆発していると危険なので、使う予定のない iPhone などのデバイスは早めにリサイクルに出すなどして、処分した方が良いでしょう。

バッテリ膨張の前兆

バッテリの膨張には、以下のような前兆・前触れがある場合もあります。もし1つでも該当するものがあれば、早急に Apple のサポートセンターへ連絡しましょう

  • 異臭
  • 異常な発熱
  • 機体の膨張(わずかであっても異常です)

バッテリ駆動時間の急な減少もバッテリに異常があるサインですが、これは通常の性能低下によっても起こり得るので、バッテリ膨張の前兆とは断定できません。

バッテリの膨張は突然発生することもあり、必ず上記の前兆がある訳ではありません。

現時点での Apple の対応

Apple は iPhone 3GS をリコールの対象商品とはしていません。リコールとは欠陥のある商品を製造・販売メーカーが公表し、回収して交換などの対応を行うことです。

しかし、バッテリが膨張してボディが破壊された iPhone 3GS を回収し、代替品を送るという通常のサポートは行っているようです。

同じ状況であっても同様のサポートが受けられるかは分かりませんが、とにかくバッテリが膨張したら Apple のサポートセンターへ連絡しましょう

最後に

iPhone は外見とは裏腹にパーツの密度が高く、非常に精密な機械です。これは iPhone 3GS に限らず、すべての iPhone/iPad/iPod に共通します。

乱雑に扱えばその分だけ故障したり、バッテリが膨張したりする可能性も増します。

決して「iOS 5 にアップデートしないから大丈夫」とは思わず、普段から iPhone の特性を理解し、その上で大切に扱っていくことも重要なのではないでしょうか。

※この記事は iOS 5 へのアップデートを推奨・否定するものではありません。
※不具合があれば Apple のサポートセンターあるいは Apple Store の Genius Bar に連絡することをお勧めします。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ