[iPhone, iPad] Readability™: ウェブページが読みやすくなる「あとで読むリスト」。無料。


ネットサーフィンをしていて、ページ周りの広告や装飾が気になったことはありませんか?純粋に記事を読みたいだけの時にはスッキリしているほうがやっぱり快適ですよね。

Readability™はページの本文と画像だけを抽出して見やすく整形してくれるサービスです。記事を保存しておく機能もあるので、「あとで読むリスト」として使えます。

他のアプリケーションからあとで読みたい記事を送れるのも便利。

この記事では

  • Safariから送る
  • Tweetbotから送る
  • Reederから送る

という3種類の使い方もご紹介します。それでは行ってみましょう!

おすすめ iPhone アプリ

読みやすくなる!あとで読める!基本の使い方

アカウント登録

あとで読みたいページの情報は Readability™ が管理してくれます。

アカウント名・パスワード・メールアドレスで登録しましょう。


リーディングリストとは

「あとで読もう」と登録した記事はこのリーディングリストに入ってきます。

最初はサンプルで Readability for iPhone (画面下)の記事だけが登録されている状態です。

右上の●●●のボタンをタップします。


するとメニューバーに切り替わります。

+ボタンを押して、リーディングリストにページを追加してみましょう。


リーディングリストに追加

+をタップすると、キーワードでGoogle検索するか、URLを直接入力するかが選べます。

ここでは AppBank 新しいiPad で検索してみました。


あとで読みたくなりそうなまとめ記事を発見!

アプリ内のブラウザで、普通にページを読むこともできます。

が、ここで、READ NOWを押してください。


ページの装飾がなくなり、行間が整えられた記事だけの表示に変わりました。これが Readability™ の実力!!読みやすい。
またあとで読みたくなる記事だと思えば、READ LATERしましょう。



リーディングリストに追加されました。


リーディングリストの記事を整理

リーディングリストに追加された記事では画面下にさっきと違ったメニューが表示されるようになります。

☆をタップすると、お気に入りに追加されます★

フリックして、リーディングリストに戻ってみると…


★がついています。


記事を読み終えたら、アーカイブしておくといいですね。

検索すれば出てくるけど、直近で読みたい記事じゃない。そんな時に使いましょう。


残しておかなくてもいいという場合には削除することも可能です。


リーディングリストから一括してアーカイブしたり、削除することもできます。


読み終わって次の記事へ…という時、リストに戻らずに、記事の一番上をぐいっと下に引っ張ることでも進めます。

逆に、記事の一番下をぐいっと上に引っ張ると前の記事に進みます。


自分好みの読みやすさに

Readability™ の強みは読みやすさ。でも読みやすさも人によっては感じ方が違います。フォントの種類・サイズ・背景を選択してカスタマイズが可能です。


TwitterやFacebookに共有

画面下のメニューバーから矢印の共有ボタンを押すと、

Twitter
Facebook
メール
リンクをコピー
Safariで起動

のメニューが現れます。


Twitterアカウントを登録しておくと、記事タイトル、URLがツイートできます。


他アプリからの連携が超絶便利

やはりあとで読む系のサービスへは、どこからでも追加したいわけです。そのためには連携しているアプリケーションが多い方が便利ですよね。

Readability™ はその点も優秀!

  • Safariから送る
  • Tweetbotから送る
  • Reederから送る

早速こちらを解説いたしましょう。

Safariから送る

Safariで読んでいるページを Readability™ に追加するには、ブックマークレットを登録しておきましょう。

Bookmarklets — Readability

読みやすくするブックマークレット READ NOW
あとで読むブックマークレット READ LATER

が登録できます。


READ LATERを使ってみると、Safariの画面上で「Saving」と表示され、追加されます。


Tweetbotから送る

Tweetbotは複数のあとで読むサービスに対応していますが、Readability™ を設定しておくと…


Readabilityに送信メニューが表示されます。

Tweetbotはアプリ内ブラウザでもReadabilityに対応していて、読みやすくなるところもイイ!


Reederから送る

こちらの記事でもご紹介しましたが、RSSから元記事を全文取得して読みやすくしてくれるReadability機能は本当に素晴らしい。


Reederでチェックした記事を Readability™ に追加することももちろん可能です。


以上です!

アプリそのものにほぼ装飾がないのに、美しい。テキストの配置・余白だけでこれだけ使いやすいというのが驚愕です。しかもなぜ無料なんだ。

これまであとで読む系サービスを活用してこなかった私ですが、 Readability™ から本格的にはじめてみようと思っています。

おすすめ iPhone アプリ
開発 Readability, LLC
掲載時の価格 無料
カテゴリ ニュース
容量 14.1 MB
執筆時のバージョン 1.0.3
Readability™
Readability™

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!