Quicka: 素早く Google で検索!URL スキームを持つアプリも検索できる便利アプリ。

Quicka
Quicka


Quicka は Google を始めとするウェブサービスや URL スキームを持つアプリを入力したキーワードで検索できるアプリです。

起動後すぐに検索ワードが入力可能な状態となり、キーワードを入力してキーボードの【検索】をタップすれば Safari が起動して Google の検索結果が表示されます。

また URL を登録することで、検索するウェブサービスを自分で増やせます。ここには URL スキームも登録できるので、例えば大辞林アプリを Quicka から検索できます。

おすすめ iPhone アプリ


Google を素早く検索する

左:起動すると既に入力可能な状態です。検索ワードを入力して【検索】をタップ。
右:Safari が起動して、入力したキーワードの検索結果を表示します。

Quicka
Quicka


また、コピーしたテキストを検索ワードとして検索するには、何も入力せずに【検索】ボタンをタップします。自動的に検索ワードが入力されて検索が実行されます。

加えて、前回検索したキーワードはフォーム横の青いブックボタンをタップすることで、再度入力することなく検索できます。

その他のウェブサービスを素早く検索する

左:キーワードを入力して、下のリストから検索したいウェブサービスをタップ。
右:Safari が起動してそのウェブサービスでの検索結果を表示します。

Quicka
Quicka


リストを編集する

Quicka

左上の【Edit】をタップすると、リストが編集できます。

項目が削除できるだけでなく、その並び順も変更できます。

よく使う項目はキーボードに隠れないように上から3番以内に並べましょう。


Quicka

項目をタップするとその名前と URL を編集できます。【<@>】は検索キーワードが挿入される場所を示します。

項目を新たに追加するにはリスト画面の右上にある【+】ボタンをタップします。


例えば Google をカスタム URL 機能で追加する場合、以下の通りになります。

Google で「AppBank」を検索した時の URL は

http://www.google.com/search?q=AppBank

です。よってカスタム URL として追加する場合には

http://www.google.com/search?q=<@>

とします。他のウェブサービスや検索エンジンでも同様の手順で追加できます。

デフォルトの検索対象を変更する

Quicka

設定アプリの【Quicka】では、キーワードの入力後に【検索】ボタンをタップすると検索する対象を変更できます。

初期設定では Google になっています。


URL スキームを使って他アプリを検索する

URL スキームさえ分かれば、他アプリを検索することもできます。例えば大辞林の検索・Tweetbot を使った Twitter 検索・withever を使った Evernote 検索などです。

@_harashin さんが「iPhone史上最速検索アプリ「Quicka」で、もっと便利に検索するためのURLスキーム一覧」と題し、使える URL スキームをまとめて紹介されています。

iPhone史上最速検索アプリ「Quicka」で、もっと便利に検索するためのURLスキーム一覧(harashin.net)

まとめ

URL スキームをうまく活用できれば Dock 入りは間違いありません。ただ、アプリの URL スキームは非公開である事も多く、使いこなすには多少の手間を必要とします。

また、Safari では検索エンジンとして設定できない、Google や Yahoo!・Bing 以外の好きなウェブサービスを素早く検索したいという時にも便利なアプリです。

したがって、好みの検索環境を自分で作りたい・URL スキームを使ってあのアプリやこのアプリを検索したい、という野望をお持ちの方には特にオススメなアプリと言えます。

ぜひ一度お試しください。

おすすめ iPhone アプリ
開発 rakuishi
掲載時の価格 ¥85
ジャンル 仕事効率化
容量 49 KB
執筆時のバージョン 1.0
アプリのアイコン
Quicka
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!