iPhoneの標準アプリ「メール」だけで、パソコンのメアドを何個でも設定して使えますよ!

iPhoneで、gmailやhotmailを使う時、どうやって使いますか?

先日、別アプリやwebブラウザから使っている人を、見かけました。
もちろん、それでも使えないことはないです。

…が、標準アプリの「メール」から使う方が便利ですよ。
なぜ便利なのかは、また後でご説明致しましょう。

また、1つだけでなく、複数のメアドを追加できるので、複数アカウントを使っている方でも大丈夫!

では、さっそくみていきましょう。


標準メールアプリが便利な理由

メール (2)
冒頭でお話した「標準アプリの[メール]から使う方が便利ですよ。」と言った理由についてご説明します。

標準メールアプリは、メアドを一括管理できるのです!

実は私はメアドを6アカウント入れています。

ここまで多くなかったとしても、1つのアプリで複数のアドレスが管理できるのは、便利ですよね。それに、Gmailの別アプリでは@i.softbankのメアドは使えないですしね。

そして1番上の【全受信】という機能にご注目ください。



メール (1)
ここは、全アカウントに来たメールを、一括でチェックできるのです。

なので、1つ1つチェックしていかなくても、ここさえ見れば、新着のメールがいっぺんにチェックできるのです。

これは便利。


どんなメアドが使えるの?

  • Googleのgmail
  • Yahoo!のYahooメール
  • Hotmail

これらのメアドをお使いの方が多いと思います。
これら全部標準のメールで、一括管理できるんです。

(その他にも、iCloud、Exchange、Aol.のメアドもお使いいただけます。)


設定から追加しましょう。

メール (14)
標準アプリの「設定」を開き、この【メール/連絡先/カレンダー】を開きます。


メール (13)
【アカウントを追加…】をタップしましょう。


メール (12)
メールのアカウントの種類がこんなにたくさん。

今回は、Gmailを追加するとしましょう。

Gmailの部分をタップしてください。


メール (11)
名前、お使いのメールアドレス、そのメアドのパスワード、説明(そのメアドの事が自分でわかるためのもの。

追加は、これで完了です。

ね?簡単でしょ?

*ちなみに、ここでアカウントの作成はできませんので、ご注意ください。


実際に使ってみよう!

ここからは、標準メールアプリを使います。


メールを受信してみよう

メール (10)
標準メールアプリを開くと、このようにアカウントが追加されていました!

試しに、メールをこのアドレスに送ってみました。

…が、@i.softbankのメアドみたいに、すぐに受信のサインは出てきません。

そんな時は、左下の【丸い矢印】アイコンをタップしましょう。

すると、出てきましたね。


メール (9)
メールを開くと、テスト送信で送ったメールが見れました。



返信しよう。

メール (8)
メールを確認した後は、返信ですね。

右下の【矢印】アイコンをタップすれば、返信できます。


新規メールを送ろう。

メール (5)
この右下にあるアイコンをタップすると、新規メール作成画面になります。


いかがでしたか?
別アプリや、Webで見てる場合じゃないですね!!

今すぐ標準メールアプリを使いましょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!