写真や動画がカメラロールいっぱい!そんなときはDropboxを使って、容量を節約しよう!


Dropbox」は、いわゆるオンラインストレージ。インターネット上にファイルを保存しておけるサービスです。

カメラロールに写真がたくさん溜まってしまい、iPhoneの容量が足りなくなってしまう…なんて経験はありませんか?そんな時にDropboxを使えば、持ち運ぶ必要のない写真を保存しておくことができます。つまり「iPhone本体の容量の節約になる!」んです。

HDDなどにもバックアップを取っておくことはできますが、それだと必要な時に取り出せません。その点Dropboxなら、インターネット環境さえあれば、いつでも保存してある写真や動画を取り出すことができるのです!

おすすめ iPhone アプリ


Dropboxに写真をアップロードする

iPhoneからDropboxへの写真アップロードは、Dropboxの公式アプリを使えばカンタン♪

まずは【アップロード】のタブを開き、右上の【+】マークをタップします。


写真アルバムが開くので、アップロードしたい写真を選択します。


次にアップロード先を選択します。フォルダ名を選択するか、新しくフォルダを作る場合は、左下の【フォルダの作成】から新規フォルダが作成できます。


フォルダ内右下の【選択】をタップし、写真選択画面右上にある【アップロード】をタップしましょう。


すると選択した写真や動画が、Dropbox内のフォルダにどんどんアップロードされていきます。


念のため、きちんと写真が転送されているか確認しておくと安心ですね!

問題がなければ、カメラロールにある写真を削除してしまってOKです。


カメラロールに戻すには。

写真や動画をiPhoneに戻したいときは、右下のマークをタップし、【写真を保存】を選択すると、カメラロールに保存されます。


PCなどを使わなくても、写真や動画のバックアップが取れるのが嬉しいですね!

大切な写真を保存しておいたり、はたまた必要ない写真をDropboxに入れておいたり…と、人によっていろいろな用途で使えると思います。

iPhoneの容量が足りず、お困りの方はぜひ一度お試しください!

Dropboxについて詳しくはこちらから
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

おすすめ iPhone アプリ
開発 Dropbox
掲載時の価格 無料
ジャンル 仕事効率化
容量 9.8 MB
執筆時のバージョン 1.4.7
アプリのアイコン
Dropbox

Dropboxまとめ

Dropboxの使い方を基本から応用まで徹底解説。Dropboxに追加された新機能もご紹介しています。
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ