【iOS6速報】進化を遂げたマップアプリ。Googleマップから独自マップへ。アイコンも一新。

長らく大きなアップデートのなかったマップアプリが、i0S6(2012年秋リリース予定)にて大幅にアップデートされることになりました。

map


大きなトピックは以下。

  • Googleマップから、よりスムーズな閲覧が可能な独自マップへ
  • Turn-by-Turn Navigation(音声案内含むカーナビのような機能)
  • 建物が3Dモデルとして表示されるFlyover
  • 地域情報の提供(レストランレビューサイトYelpとの統合など)

そしてこれらのアップデートを象徴するように、アイコンも一新されています!

map


それでは、ひとつずつチェックしていきます。

*WWDC 2012の発表内容をチェックしたい方はこちらの記事をどうぞ。
【速報】iOS6, 新OSX, Retina対応のMacBook Pro、すぐわかるまとめ!

より早く・スムーズに

iOS6から、GoogleマップからApple独自のマップに進化します。

新マップはベクターベース(ファイルサイズが小さく、拡大縮小しても画質に劣化が生じない)の地図データを利用しており、「テキストが明瞭に表示」され「グラフィックは美しく」なり、パンニングやズームがスムーズになるとのことです。

map



Turn-by-Turn Navigation

カーナビのようなシステム「Turn-by-Turn Navigation」が導入されます。

曲がるべき角にさしかかると、Siriが教えてくれます。画面には3D視点のマップが表示され、感覚的に進むべきルートがわかるようになります。道を間違えても、マップアプリは自動的に新しいルートを検索してくれます。

さらに、リアルタイム交通情報を加味して、到着予定時刻も計算してくれるようになります。渋滞が起きている場合、その情報も踏まえたルートを検索してくれるとのことです。

turnbyturn



Flyover

Flyoverも驚きの機能です。

名前の通り、空から見下ろしているような3Dの地図がみられるようになります。リアルタイムで建物を3Dモデルとして表示しているとのことで、ズーム、パンニング、傾き、ローテーションを高画質のまま行えるとのことです。

デモ動画を発見したので、見てみて下さい。「これは早く使ってみたい!」と思うはずです!

個人的にほっとしたのが「日本のマップも対応」という点。どれぐらいの地域がカバーされているのかは分かりませんが、新事務所のある新宿はカバー範囲のはず!

map



もっと Siri

Siriに聞けば、行きたいところに最短でたどり着くルートを教えてくれるようになります。小腹が減ったなあと思ったら、最寄りのうどん屋さんを聞いてみてください。教えてくれるようになるみたいですよ!

*2012年6月12日現在、Siriに位置情報を聞くと、「お店や会社、地図、渋滞情報を検索できるのは、米国内で、アメリカ英語を使っている時だけです。申し訳ありません」と扁桃が来ます。そのため、Siriでマップを使える機能が日本のiPhoneでも使えるかは現状不明です

map



地域情報の提供

地図内検索やピンを刺すことで、その場所の情報が整理されている「カード」を閲覧できる機能が実装されます。

カードには、写真・電話番号・住所・ウェブサイト情報・Yelp情報(レストランレビューサイト)が掲載されるとのことです。AppBankStoreの情報をいち早く登録したい!!!

map



総括:盛りだくさんの新マップアプリ

長らく進化がなかった反動か、新機能が盛りだくさんです。

日本でどの機能が使えるのか、はっきりしたことはわかりません。少なくともベクターベースとなった独自マップと、Flyoverは使えそうです。

カーナビシステムの「Turn-by-Turn Navigation」が実装されたらすごいですね。私は完全な方向音痴なのですが、もはやそれで困ることはなくなりそうです!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ