[iPhone, iPad] Defender Chronicles II: 垂直型タワーディフェンス!待望の続編!


こんにちは、KiDDです。

垂直方向に敵が駆け抜けるタワーディフェンスゲーム「Defender Chronicles」の続編、Defender Chronicles II: Heroes of Atheliaを紹介します。

Defender Chronicles II: Heroes of Atheliaは、よくある見下ろし型ではなく高さのあるステージを真横から見るタイプのタワーディフェンスゲーム。ストーリーを進めていく【Campaign】とカスタムバトルを楽しむ【Battlegrounds】の2つのゲームモードが楽しめます。

おすすめ iPhone アプリ



というわけで早速キャンペーンを始めていきます。


難易度によって敵の強さとクリア時に貰える報酬が変わります。


最初にチュートリアルがあるので前作未プレイの人は受けておきましょう。


もちろんボクも未プレイです!
左上のボタンでポーズ、右上のボタンで倍速をかけられます。
数字は左上がユニットの設置に必要なゴールド、右上が残り体力です。
体力は敵に陣地を突破されるごとに1減り、ゼロになるとゲームオーバーとなります。


プレイ中はドラッグで視点を移動します。


ステージ上のハンマーをタップするとユニットを呼び出すためのギルドを建設できます。


騎士ギルドの建設には20ゴールドかかります。


ゲーム開始してしばらくすると画面端からモンスターが進軍してきます。


モンスターとはさきほど呼び出した騎士が戦ってくれます。
ただし、騎士ひとりにつきモンスター1匹としか戦えません。


なので抜かれてもいいように後ろにもユニットを呼び出しておきましょう。


今度は弓を扱うリザードマンのギルドを建設しました。


リザードマンはモンスターの進軍を止めない代わりに離れた敵でも攻撃できます。
騎士で足を止め、リザードマンで援護する。これがゲームの基本です。


ちなみにリザードマンは空を飛ぶモンスターに対して攻撃できるので必須ユニットです。
騎士では空を飛ぶ敵には手が出せませんので。


前線の維持が苦しくなってきたときはギルドをアップグレードするのも良い手です。


アップグレード時に少しのあいだだけユニットが撤退しますが、ギルドをアップグレードすると次から登場するユニットが目に見えて強くなります。
うまくタイミングを見てギルドのアップグレードを行いましょう。


前線にあるだけギルドを設置してもモンスターに抜かれてしまったときはヒーローを頼りましょう。タワーの中盤にはヒーローが最初から設置されています。
ヒーローの攻撃は強力なので少しモンスターに抜かれたぐらいではびくともしません。


さらにヒーローのいる場所を抜かれた後ろにもまだギルドを建設できるスペースがあるので、あきらめずに頑張るのが勝利へのコツです。


なんとか勝利したぞ!
経験値とゲーム内マネーのトークンをゲット!


ステージクリア後にはストーリーが楽しめます。


最初のステージをクリアしたことで新たなコンテンツがアンロックされました。


さっそくマップからアンロックされた機能をチェックしてみましょう。


まずは【Hero】から。ここではヒーローのアップグレードと、


ヒーローの変更が行えます。
自分の戦略やステージにあったヒーローを選んで育て上げましょう。


【Elf Hut】ではトークンをつかって装備品を購入できます。
でも、最初のうちは何も買わない方がいいです。


なぜなら【Stronghold】からクリア報酬の装備品を手に入れられるからです。


数ステージクリア後、購入したアイテムが報酬として入っていて愕然とするボクがここに!!


【Imperial Store】ではトークンやコンテンツをアドオンから購入できます。


ステージが進むと空を飛ぶドラゴンにモンスターが乗ってきたり、


氷のステージで下からではなく上から攻められたりと面白くなってきます。


ゲームはiPadにも対応しています。


タワーディフェンスゲームは遊んでみてください。ひと味違う面白さが味わえますよ。

おすすめ iPhone アプリ
開発 Gimka Entertainment, Inc.
掲載時の価格 ¥85
ジャンル ゲーム
容量 208.3 MB
執筆時のバージョン 1.1.1
アプリのアイコン
Defender Chronicles II: Heroes of Athelia
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!