リマインダー: Mac から ToDo を追加・編集して iPhone と同期。【Mountain Lion】

Mountain Lion


OS X Mountain Lion にはリマインダーという標準アプリが追加されています。iPhone/iPad の標準アプリであるリマインダーと ToDo を同期できるアプリです。

同期には iCloud を使います。iPhone と Mac の両方で同じ iCloud アカウントを登録しておく必要があります。

機能は iPhone/iPad 版と全く同じです。リストを使った ToDo 管理・締切日/場所の設定・キーワード検索が行えます。

リマインダーは「アプリケーションフォルダ」にある

アプリは「アプリケーション」というフォルダに収められています。

アプリケーションフォルダにアクセスするには、メニューバーの【移動】をクリックします。次に【アプリケーション】をクリック。これでアプリケーションフォルダが表示されるので、リマインダーを探して起動するだけです。


主な機能

左側に ToDo をまとめるリストが、右側には選択したリストの ToDo がリストアップされます。iPhone/iPad 版を一度使ったことがある方なら操作で迷うことはありません。

Mountain Lion


ToDo にカーソルを合わせると現れるのが【i】ボタン。これをクリックすると ToDo の内容を編集できます。

Mountain Lion


矢印で指しているボタンをクリックするとカレンダーが現れます。このカレンダーの日付をタップすると、その日が締切の ToDo が右側にリストアップされます。

Mountain Lion


リストの一覧やカレンダーが不要な場合には左下のボタンをクリック。ウィンドウ下の【○】で、リストを切り替えられるようになります。

Mountain Lion


ToDo をキーワードで検索するには左上のフォームにキーワードを入力します。

Mountain Lion


通知を受け取ると…

ToDo の締切日時を迎えると Mac のデスクトップの右上に通知が表示されます。

Mountain Lion


画面右上のボタンをクリックすると表示される、通知センターには今日が締切のタスクが締切時間順に並んでいます。

Mountain Lion


進化したリマインダー

リマインダーが Mountain Lion からも編集できるようになることで「パソコンで編集してiPhoneでみる」という使い方ができるようになります。もしくは「iPhoneでさくっと入力して、パソコンで整理する」のも可能です。

色々可能性が広がりますね!ToDoはパソコンから編集できると、格段に便利になります。

「リマインダーなんて久しぶり」という方は、ぜひ以下の記事で復習してみて下さい
【iOS5】iPhone標準ToDoアプリ「リマインダー」解説

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ