iPhone に保存した画像や動画を SDカードに書き込めるアクセサリがアツイ(昼刊)

iPohne や iPad の画像や動画を SDカードに転送できるAirStashと言うアクセサリをご存知ですか?


デジカメで撮影した写真を iPhone に送るための「Apple iPad Camera Connection Kit」というアクセサリがあります。でも、このアクセサリでは iPhone のデータを SDカードに書き出すことはできません。

そこでご紹介したいのが「AirStash」です。

AirStash はこんな製品

AirStash の見た目はでっかい USBフラッシュメモリのような形をしています。


USB 端末の逆側に SDカードを入れるスロットがついています。


SDカードをしっかり挿入すると、飛び出している部分がほぼなくなります。


アプリを組み合わせて使います

AirStash は専用アプリ「AirStash+」と組み合わせて使います。

無料アプリなので、必要なお金は AirStash本体と SDカードだけです。

アプリはこちらからダウンロード→AirStash+


AirStash の使い方

まずは AirStash の電源を入れます。緑色のストライプの中に電源ボタンは隠されています。


電源ボタンを長押しすると、インジケーターが点灯します。電源 ON のときは、ここが2秒に1回、点滅します。


次に iPhone の設定アプリを起動します。

設定アプリから Wi-Fi 接続一覧を開き、「Airstash◯◯◯◯(◯の部分は製品によって違います)」を選びます。


Wi-Fi が AirStash につながったら「AirStash+」アプリを起動します。

すると、お使いの製品が表示されタップで製品に接続している SDカードの内容がみえるようになります。


※ 接続確認ができたら、取扱説明書に記載されている通り、パスワード付きの AirStash へのログインへと切り替えて利用することをオススメします。

iPhone の写真を SD へ転送しよう

AirStash に接続できると、ここからは自由にフォルダを作ったり写真を転送することができます。

さっそく iPhone の写真を SD へ書き込んでみます。

画面下部のメニューから【カメラ】のボタンをタップします。


AirStash のデータを取り込むか、転送するか聞かれるので【AirStash へ転送】を選びます。


iPhone に保存されているカメラロールの写真や動画が表示されるので、転送したいデータをタップで選択します。


動画を選ぶときは、画面左下の【パソコンのアイコン】をタップします。

【山のアイコン】は写真一覧のボタンです。

転送するデータを選んだら、右上の【矢印マーク】をタップします。


あとは【スタート】ボタンを押して、転送完了まで待つだけです。

パソコンで SD カードにデータを書き込むように、サクサクとデータの書き込みが行えました。


SDカードに転送したデータは、アプリ内から閲覧することもできます。


パソコンから、Android からと、様々なデバイスから同様の方法で SDカードへアクセスしてデータを送信したり受信することができます。

ワイヤレスで手軽にデータがやり取りできるのが魅力的です。複数端末とのデータのやり取りが多い方は、ぜひお試しください。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!