au の iPhoneユーザーならパソコンでも au Wi-Fi SPOT が無料で使えます。(昼刊)

au の iPhoneユーザーで外出先でパソコンの利用が多い方に嬉しい情報です。

au の Wi-Fiスポットは iPhone だけじゃなくパソコンでも使えちゃうんです。しかも無料


これをうまく使えば iPhone 5でテザリングをガンガンに使っている方の通信量を抑えられ、通信速度制限にビクビクする回数を減らせます。

さっそく利用方法をご紹介します。

接続ツールをインストール

※Mac で利用する方法をご紹介します。Windows の方はこちらをご参照ください。→パソコン (Windows (R) 搭載) でのご利用方法 | 利用方法 | au

まずは au の公式サイトから「接続ツール」をインストールします。インターネットに接続する必要があるので、自宅などネット環境が整った場所で事前に準備しておきましょう。

接続ツールのダウンロードはこちらから。
パソコン (MacOS搭載) でのご利用方法 | 利用方法 | au


ダウンロードしたファイルを解凍してファイルを開きます。
開いたファイルの中にある【au Wi-Fi接続ツール.app】をクリックしてインストールを開始します。


普通にインストール作業をすすめて行きたいところですが、1つだけ普段見慣れない画面が表示されます。

以下のような「コンピュータの管理者の名前とパスワードを入力してください」という画面が現れます。
ここの「管理者の名前」とは、Mac にログインするときの「ユーザー名」のことです。同じく「パスワード」は Mac にログインするときのパスワードです。


上記の「管理者の名前」うんぬんをクリアすると、さくっと「ネットワーク SSID」が登録完了します。


初期設定を行う

※こちらも実際に au Wi-Fi を利用開始する前に行うべき作業です。インターネット環境がある場所で事前に準備しておきましょう。

インストール直後に自動的に開く「au Wi-Fi 接続ツール」を起動します。起動した画面にある【初期設定】をクリックします。


au ID のログイン認証画面が現れるので、au ID とパスワードを入力します。


無事ログイン完了すると全ての設定が完了です。


au Wi-Fi スポットを利用しよう

au の Wi-Fiスポットがある場所にいくと、自動的に Wi-Fiスポットを取得してくれます。Wi-Fiスポットを取得したら、au Wi-Fi 接続ツールを起動します。
あとは自動で au Wi-Fi SPOT に接続してくれます。


TIPS:au Wi-Fi接続ツールをアプリケーションに登録しておこう

dmgファイルから毎回「au Wi-Fi接続ツール」を開くは大変なので、アプリケーションとして登録しておくことをオススメします。

アプリケーションへの登録方法は、「au Wi-Fi接続ツール.app」をアプリケーションへドラッグするだけで OK です。


これで dmgファイルを削除してもアプリケーションフォルダの中にある「au Wi-Fi 接続ツール」から起動できるようになります。


利用できるスポットは「au_Wi-Fi」 (WPA2)、「Wi2premium_club」 (WPA2)、Wi2_club」 (WPA2)、「UQ_Wi-Fi」 (WEP)、「Wi2premium」 (暗号化なし)、「Wi2」 (暗号化なし)、「wifi_square」 (暗号化なし)です。

au の iPhone をお持ちの方は、ぜひ設定していざという時にお役立て下さい!

参考

au Wi-Fi SPOT | au Wi-Fi | au
iPhoneだけでなくPCでも使える!月額無料(国内)で使い放題のau Wi-Fi SPOTが便利

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ