【iPad】ロジクール ウルトラスリム キーボードカバー ホワイト:あの人気キーボードにホワイトモデル登場!

iPad のカバーにもなる超スリムなキーボードロジクール ウルトラスリム キーボードカバーのホワイトモデルのご紹介です。


ホワイトの iPad をお使いのみなさん!要チェックの外付けキーボードがやってきました。ロジクールのウルトラスリムキーボードカバーからホワイトモデルの登場です。

スマートカバーのように磁石でキーボードを装着するとそのままカバーに。見た目はまるで Mac Book Air。

iPad をお使いの方全員にオススメの外付けキーボードです。詳しくチェックしていきます。


AppBankStoreでチェック

ホワイトモデルのキーボードを動画で詳しくチェック

写真でキーボードカバーの詳細をチェック

パッケージはロジクールの特徴である明るいグリーンで縁取られています。パッケージに印刷されている製品写真はもちろんホワイトです。


箱の中には製品本体(①)、USB – Micro USB 充電ケーブル(②)、クリーニングクロス(③)、保証規定(④)、取扱説明書(⑤)、保証書(⑥)の6つが入っています。


キーボードの背面は iPad の背面と同じ、シルバーのアルミでできています。


iPad とくっつく磁石の部分はプラスチックでできています。磁石が入っているということで、使える iPad は iPad 2、第3世代の iPad、第4世代の iPad です。


カバーと iPad を離すと iPad が自動的に起動するオートスリープ対応です。


キーボードに iPad を立てかけるときは、磁石から iPad を外しキーボード中央の溝に差し込みます。


キーボードの横面には Bluetooth接続ボタン、キーボードの ON/OFF スイッチ、キーボードの充電用 Micro USBポートがあります。


キーボード右上にあるインジケーターでは、スイッチが入っているか、Bluetooth接続可能か、バッテリーの残量はあるかがチェックできます。


キーボードのスイッチを入れ、iPad の設定アプリから【Bluetooth】をオンにし、「Ligicool Ultrathin Keyboard Cover」に接続します。


キーボードの充電は、付属の USB – Micro USB ケーブルを使い充電を行います。2時間の充電で約6ヶ月利用可能です。


ロジクールウルトラスリムキーボードカバーの3つの魅力

まず1つ目はロジクールのキーボード全般に言えることなのですが、iPad用のショートカットボタンが用意されていることです。
キーボード操作でホーム画面を表示したり、スリープ操作を行うことができます。


2つ目の魅力はその薄さです。ただのスリムキーボードではなく「ウルトラスリムキーボード」なのです。iPad と重ねると、さらに薄さが実感できます。


3つ目の魅力は、こんなにも薄いのに縦に iPad を立てかけることも可能なことです。長文を打つ時は iPad を縦に置くととても使いやすいです。そんな縦置きもグラグラせず使えるキーボードカバーなのです。


とってもオススメの iPad 用外付けキーボードです。ぜひチェックしてみてください。


AppBankStoreでチェック

オススメiPhone, iPadアクセサリ

ディスプレイの上でスラスラと滑らかに描けるスタイラスペンはこれがオススメ。
Su-Pen CLモデル: 書き味と耐久性が大幅に向上した新モデル登場!キャップがつき、色も豊富に。

小さくて軽いのに、iPhoneをフル充電できるバッテリはこれがオススメ。
iWALK2500: ケーブルレスで充電できる小型バッテリ。iPhone をフル充電にできます!!

iPhone用の保護フィルムはこれがオススメ。
AppBankStore : 【iPhone4S/4】AppBankオリジナル フィルムセット for iPhone 4S/4 (カラー): AppBank Store: 保護フィルム

iPad用の保護フィルムはこれがオススメ。
AFP クリスタルフィルムセット for iPad 2: 品質に定評あるパワサポ製、光沢タイプの保護フィルムがついに登場!

充電状況を光ってお知らせしてくれる便利なケーブルはこれ。
AppBankStore : 光って充電をお知らせするケーブル: XENON: ケーブル&Dock

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!