InstaLogo ロゴクリエイター: iPhone で手軽にバナーやボタン素材が作れるアプリ。

iPhone で簡単にホームページやポスターで使えるロゴが作成できるInstaLogo ロゴクリエイターのご紹介です。


アプリの中にはクールなデザインのシルエットやフォントが収録されています。大きさや色を決めるだけで簡単にそれっぽいロゴが完成します。

作成したロゴ画像はブログやホームページ、Twitter のアイコンなどに利用できます。

さっそく詳しい使い方をご紹介します。

Insta Logo の使い方を動画でチェック

アプリを起動し【Create New Logo】をタップすれば、ロゴを新規作成できます。


背景色の指定方法

画面下部にロゴ作成のためのメニューが表示されています。ザックリ作成する画像をイメージするために、まずは背景色を変更してみます。【BKGD. COLOR】をタップします。


色の設定画面が現れました。画面下の色帯でザックリ元の色を決めて、画面上のグラデーション部分で細かい色の調整を行います。色が決まったら【Done】をタップします。


星やリンゴなどシルエットの追加方法

次は作成する画像のメインとなるロゴを作成します。【ADD OBJECT】をタップします。


画面したにロゴサンプルが現れます。左右にフリックすると、収録されたたくさんのロゴが現れます。気にいったロゴがみつかれば、タップして選択します。


ロゴを選択すると、ロゴの色や大きさを変更する画面になります。後から変更することもできますが、大体のイメージに合うよう【Color】や【Size】を設定します。


ロゴの大きさを決める【Size】では、画面下にスライダーが現れます。このスライダーを左右に動かすことでロゴのサイズを変更できます。


覚えておきたい便利な TIPS

便利な技としてご紹介したいのが、【TO FRONT】と【TO BACK】のボタンです。オブジェクトや文字を配置していったとき、前面に表示して欲しいものが裏側に回りこんでしまったときに活用できます。


【TO FRONT】や【TO BACK】を使うと、ロゴや文字に奥行きをもたせたり、ロゴを組み合わせることで表現の幅がぐっと上がります。


文字の挿入方法

【ADD TEXT】では文字の挿入が行えます。残念ながら日本語を利用することができませんが、英語、記号はバッチリです。


文字には様々な装飾が用意されています。【Color】、【Size】は先程設置したシルエットと同じように「色」と「大きさ」が変更できます。


【TextStyle】では、フォントの種類を変更できます。画面下にフォントスタイル名とプレビュー文字が表示されるので、イメージしているフォントを左右にフリックして探します。


【Gradient】では、フォントにグラデーションを付けることができます。フォントの上から下へ変化するグラデーションです。
【Top Color】と【Bottom Color】を設定すれば簡単にグラデーションを付けられます。


【Outline】では、フォントにフチ取りをつけることができます。フチの色ももちろん指定できます。


【Spacing】では、フォント間の距離を変更できます。フォントの大きさを変更したスライダーと同じように左右にスライダーを動かすと、文字をぐっと近づけたり離したりできます。


作成したロゴを保存する

最後に完成したロゴを【I’M DONE!】をタップしてカメラロールへ保存します。


作成した画像は自由にブログやホームページ、Twitter などのプロフィールに設定することができます。

クールなシルエットやフォントが揃っているので、難しく考えずロゴが作成できます。

おすすめ iPhone アプリ
InstaLogo ロゴクリエイター ・開発: Adam Meszaros
・掲載時の価格: ¥450
・カテゴリ: ビジネス
・容量: 6.0 MB
・バージョン: 1.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ