[iPhone, iPad] MyShortcuts+Viewer: 通知センターからアプリ・ファイル・ウェブページが何回でも開ける!

AppBank の主任です。通知センターをランチャーに変身させるアプリ MyShortcuts+Viewer をご紹介します。

MyShortcuts+Viewer MyShortcuts+Viewer


アプリを開けるランチャー・通知アプリは色々とありますが、このアプリの特徴はファイルをアプリ内に保管でき、それらのファイル毎に URL スキームがあること。

その URL スキームをランチャーに登録すれば1タップでファイルを開けます。通知機能を使えば通知センターからも開くことができます。

このアプリの通知は、設定しない限り、アプリや通知を開いても通知センターからは消えません。ですから、通知センターをランチャーとしても使えます。

もちろんウェブページや URL スキームを持つアプリ、さらには Javascript も登録可能。アイデア次第で iPhone がぐんと便利になるアプリです。

MyShortcuts+Viewerを動画でチェック!

ファイルをMyShortcuts+Viewerに入れる

対応しているファイルは iOS で表示できる Office の書類や PDF・画像・動画などです。日本語を含む TXT ファイルは UTF-8 でも文字化けしました。

iTunesを使ってファイルを入れる方法

iPhone を PC に接続し、iTunes の「ファイル共有」機能を使ってファイルを入れることができます。

MyShortcuts+Viewer


詳しくは以下の記事をご覧ください。
iTunes 11を使ってiPhoneとPCでファイルをやり取りする方法

なお、小生の環境では iTunes を使ってファイルを削除するとアプリが起動時にクラッシュするようになりました。ファイルの削除はアプリから行った方が良いようです。

他のアプリからファイルをコピーする方法

他アプリからファイルをコピーするには、そのアプリが「Open In」と呼ばれる方式に対応している必要があります。例えば Dropbox・GoodReader などが対応しています。

ここでは Dropbox を例にご紹介します。

左:ファイルを開き、右下のボタンをタップ。
右:【このアプリで開く…】をタップします。

MyShortcuts+Viewer
MyShortcuts+Viewer


MyShortcuts+Viewer
対応するファイルだと【MyShortcutsで開く】が現れます。これをタップするとコピーされます。


カメラロールから取り込む

MyShortcuts+Viewer
【写真】をタップし、【+】をタップして写真・動画を取り込みます。


URLスキームをコピーする

左:【ファイル】/【写真】で目的のファイルをタップ。
右:【URLをコピー】をタップします。

MyShortcuts+Viewer
MyShortcuts+Viewer


これでそのファイルを開くための URL スキームがコピーされます。次にその活用法をご紹介します。

Launch Center Pro というランチャーアプリを使い、1タップでファイルを開けるように設定します。

左:Launch Center Pro を開いたら鉛筆ボタンをタップ。
右:【+】をタップして【Action】を選びます。

MyShortcuts+Viewer
MyShortcuts+Viewer


左:【Custom URL】をタップ。
右:名前をつけて「URL」にペーストし、【Done】をタップ。

MyShortcuts+Viewer
MyShortcuts+Viewer


左:これでファイルを1タップで開けるボタンが追加されます。
右:ボタンをタップするとアプリが切り替わり、ファイルをすぐ表示します。

MyShortcuts+Viewer
MyShortcuts+Viewer


他のランチャーアプリやアイコン作成アプリでも、これとほぼ同様の方法でボタンを追加したり、ホーム画面にアイコンを追加できます。

通知センターから開く

左:【ファイル】/【写真】で目的のファイルをタップ。
右:【リマインダー】をタップ。

MyShortcuts+Viewer
MyShortcuts+Viewer


MyShortcuts+Viewer
通知時に表示されるタイトルを決め、繰り返す頻度・通知日時・自動削除の有無を設定します。

自動削除をオフにしておけば、アプリや通知を開いても通知センターからその通知は消えません。


MyShortcuts+Viewer
通知センターで通知を開けば、目的のファイルをすぐ表示します。


アプリ・ウェブページを通知センターから開く方法

左:【リマインダー】を開き、【+】をタップ。
右:「URL」にアプリの URL スキーム、ウェブページのアドレスを記入します。

MyShortcuts+Viewer
MyShortcuts+Viewer


あとは通知日時などを決め、通知されれば通知センターから開けるようになります。

iPad版 – MyShortcuts+Viewer

機能は iPhone 版と同じです。

MyShortcuts+Viewer


主任的総括:ファイルも通知センターに登録できるのが画期的!

アプリだけでなく、ファイルもランチャーや通知センターに登録できる点が画期的です。よく使うファイルを登録しておけば作業効率も上がります。

通知を開いたり、MyShortcuts+Viewer を開いても通知センターから通知が消えないのも便利ですね。

いつでも使える通知センターをフル活用したい方にオススメです。ぜひお試しください!

おすすめ iPhone アプリ
MyShortcuts+Viewer ・開発: Takeyoshi Nakayama
・掲載時の価格: ¥85
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 325 KB
・バージョン: 1.6
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!