Dropboxの使い方: 公式ソフトをMac/PCにインストールする方法

インターネット上にファイルを保存できるストレージサービスの代名詞である Dropbox。その使い方をご紹介します。

Dropbox


今回は Dropbox の公式ソフトを Mac/Windows PC にインストールして、Dropbox と同期する方法をご紹介します。

Mac/Windows PC に公式ソフトをインストールすれば、専用の Dropbox フォルダにファイルを入れるだけで Dropbox 上に保存できます。

もちろん iPhone アプリで作成したファイルを取り出す・開くのも、通常のファイル操作と同じ感覚で行えます。Dropbox を使うなら入れておきたいソフトです。

公式ソフトをダウンロードする

PC のウェブブラウザで以下のリンクを開きます。
Dropbox

ページ右上にある【ダウンロード】をクリックします。すると、公式ソフトのインストーラーが自動でダウンロードされます。

Dropbox


Mac 版は DMG ファイルがダウンロードされるので、このファイルを開くとインストーラーが現れます。インストーラーを開きましょう。

Dropbox


Windows 版の場合は EXE ファイルです。ダブルクリックして開きましょう。

Dropbox


Windows 版では【インストール】をクリックすると、インストールが始まります。

Dropbox


インストールする

ここからは Mac/Windows 版ともにほとんど同じです。Mac 版を例にご紹介します。

「Dropbox アカウントを既に持っています」を選択します。

Dropbox


Dropbox に登録したメールアドレスとパスワードを入力します。「コンピュータ名」は識別しやすい名前にしましょう。

Dropbox


無料プランのまま利用するなら「2GB」を選び、【続行】をクリック。

Dropbox


ここでは「標準」を選び、【インストール】をクリックします。

Dropbox


ガイドツアーが始まります。スキップもできます。

Dropbox


最後に「今すぐ Dropbox フォルダを開く」にチェックが入っていることを確認し、【完了】ボタンをクリックします。

Dropbox


Dropboxフォルダの場所

インストール後のガイドツアーを終えると Dropbox フォルダが表示されます。

Dropbox フォルダには Dropbox 上のファイル・フォルダがダウンロードされます。逆にこのフォルダに入れたファイルは Dropbox 上に保存されます。

このフォルダに入っているファイル・フォルダは iPhone の Dropbox アプリからも開いたり、整理できます。

Mac 版の場合はホームディレクトリに「Dropbox」フォルダがあります。

Dropbox


こちらは Windows。ホームフォルダの中に「Dropbox」フォルダが作成されます。

Dropbox


メニューバーのアイコン

メニューバーの Dropbox アイコンをクリックすると、最近更新したファイルがリストアップされます。アイコンから同期の状態も確認できます。

Mac 版はメニューバーの右側にあります。

Dropbox


Windows 版はタスクバーの右側にあります。

Dropbox


Dropboxの使い方まとめ

Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

(2013年12月24日 更新)

Dropboxまとめ

Dropboxの使い方を基本から応用まで徹底解説。Dropboxに追加された新機能もご紹介しています。
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ