Dropboxの使い方: 誤って削除してしまったファイルを復元する方法

Dropbox


今回は Dropbox から削除したファイルを復元する方法をご紹介します。この機能を利用するには PC のブラウザが必要です。

Dropbox ではファイルを削除しても、同期済みであれば30日間はバックアップが残ります。そのため、この期間内ならいつでも復元できます。

とはいえ、ファイルを完全に削除したい時もあるはずです。そういった時に役立つ、完全消去の方法もご紹介いたします。

削除済みのファイルを復元する

まず、PC のウェブブラウザで以下のリンクを開きます。
Dropbox

【ログイン】をクリックして Dropbox にログインしましょう。

Dropbox


ログインしたら右上のゴミ箱ボタンをクリック。

Dropbox


すると Dropbox から削除済みのファイルも表示されるようになります。

削除済みのファイルはグレーで表示されており、ファイルの種類も「削除した○○」になっているので一目で分かります。

Dropbox


復元したい、削除済みのファイルをクリックして選びましょう。

複数のファイルを選択したい時は Mac なら「Command(⌘)」、Windows PC なら「Control(Ctrl)」キーを押したまま、ファイルをクリックしていきます。

ファイルを選択したら【復元】をクリック。

Dropbox


確認メッセージが表示されるので【復元】をクリックします。

Dropbox


ファイルが復元されていることを確認します。ファイルの「種類」が「削除した○○」になっていなければ OK です。

ファイルを完全に削除する

まず、PC のウェブブラウザで以下のリンクを開きます。
Dropbox

【ログイン】をクリックして Dropbox にログインしましょう。

Dropbox


ログインしたら右上のゴミ箱ボタンをクリック。

Dropbox


すると Dropbox から削除済みのファイルも表示されるようになります。

完全に削除したいファイルを選び、【完全に削除】をクリックします。

Dropbox


完全に削除するとファイルを復元できなくなります。
問題なければ【完全に削除】をクリック。

Dropbox


上記の手順で削除を行っても、Dropbox のサーバから完全に削除されるまでには時間がかかる場合があります。

Dropboxの使い方まとめ

Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

(2013年12月27日 更新)

AppBank 全力プッシュ!