TweetDeck for iPhoneは5月7日にサービス終了。

AppBank の主任です。

TweetDeck 公式ブログにて、TweetDeck for iPhone が5月7日から利用できなくなることが発表されました。Android 版・Adobe AIR 版も同日に終了します。

TweetDeck は Twitter クライアントアプリの1つ。2011年5月に Twitter 社に買収されてからもサービスを提供してきました。

TweetDeck TweetDeck


なお、iPhone・Android・Adobe AIR 版の提供が終了・サービスが利用できなくなるだけで、ブラウザ版や Chrome アプリ版は引き続き利用できます。

5月7日にサービスが終了する理由

TweetDeck が Twitter にアクセスする際に利用していた API、Twitter API v1 の提供が終了するからです。

API とはアプリから利用できる命令やルールをまとめたもの。これを利用することでアプリはデータを受け取り、タイムラインなどを表示します。

Twitter は5月7日に API v1.1 の提供を開始するため、Twitter API v1 を利用しているアプリはこれを v1.1 に対応させる必要があります。

TweetDeck はこの API v1.1 への対応は行いません。そのために iPhone・Android・Adobe AIR版 TweetDeck は、2013年5月7日にサービスを終了することになりました。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ