[iPad] Status Board: 身の回りのデータを1画面で表示するアプリ。ずっと起動してしたいカッコ良さ!

時計やカレンダー、Twitterやニュースフィードなどの情報を一度に表示したいなら「Status Board」がオススメです!

pauls0419status


Status Board」はひとことで言うと「データを表示するアプリ」です。

iPadの大きな画面を利用したレイアウトと、黒がベースの美しくスタイリッシュな見た目で、知りたい情報を一度に表示します。

最初から用意されているパネルだけでも十分に役立ちますが、自分で用意したデータも自由に表示できます。

思わず、ずっとながめていたい美しさ。それでは使い方にいってみましょう。

Status Boardを動画でチェック


説明書を開いて始めましょう

最初にアプリを起動すると確認メッセージや使い方が表示されます。液晶ディスプレイの説明書をまねたようなページでワクワクしますね。

pauls0419status


天気パネルのための「位置情報利用確認」は【OK】をタップ。

pauls0419status


設定が終わると使用開始です。
なんとリモコンが出てきます!おなじみのiPadが、最先端のオシャレなデジタル家電に変わる瞬間。

pauls0419status


出力画面も出てきます。なんだか本格的!

pauls0419status


Status Boardの使い方

画面には最初からパネルが置かれています。画面左上の【編集アイコン】をタップして変更してみましょう。

pauls0419status


編集画面です。画面下に利用できるパネルの種類がズラリとならびます。

pauls0419status


新しいパネルを置く前に、スペースをあけましょう。パネルの右下をタップしてドラッグすると、自由に形を変えられます。

pauls0419status


Twitterパネルを置いてみます。画面下のアイコンを、あいたスペースにドラッグ・ドロップします。

pauls0419status


Twitterパネルはホームタイムラインの他に、メンションやリストを表示できます。

pauls0419status


レイアウトが完了したら、画面左上の【チェックマーク】をタップして、編集を終了します。

pauls0419status


利用できるパネルについて

利用できるパネルは、簡単につかえる6つの「インスタントパネル」と、データソースを自分で用意する3つの「プロパネル」の計9つがあります。

インスタントパネル

インスタントパネルは以下の6つがあります。

  • 時計
  • 天気
  • カレンダー
  • メール
  • Twitter
  • ニュースフィード

「ニュースフィード」パネルについて紹介します。お気に入りのサイトの更新情報を表示するパネルです。表示サイトはアプリから追加します。

pauls0419status


ページリンクは「Safari」アプリで表示します。

pauls0419status


「ニュースフィード」パネルでは、各ウェブサイトの更新数までデータ表示できます。更新の多いサイトから読んでみる、なんてちょっとスマートな読み方ができますね。

pauls0419status


プロパネル

プロパネルは以下の3つがあります。

  • グラフ:JSON、CSVのデータソースを表示
  • テーブル:HTML、CSVのテーブルを表示
  • DIY:HTMLを使ったパネルを表示

プロパネルは表示データを自分で用意します。
最初からは使いこなせませんが、最初から入っているサンプルデータを表示できます。なんだかハイテク機器を使っている気分…。

pauls0419status


アプリは横画面でも使えます。

pauls0419status


毎日たくさんのデータをあつかっている方に、ぜひ使って欲しいアプリです。デザインがカッコ良く、ずっとながめていたくなります。

アドオンでテレビ画面に出力する機能を追加できます。気になる方は、ダウンロードしてみてください。

おすすめ iPhone アプリ
Status Board ・開発: Panic, Inc.
・掲載時の価格: ¥850
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 16.8 MB
・バージョン: 1.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!