iPhone版Documents by Readdleの使い方: iPhoneをPC/iPadからアクセスできるサーバにする方法

AppBank の主任です。無料アプリとしては最強の使い勝手・機能を誇るファイル管理アプリ iPhone 版 Documents by Readdle の使い方をご紹介します。

Documents by Readdle


今回は iPhone を他の iPhone や PC・iPad などからアクセスできる、ファイルサーバにする方法をご紹介いたします。

ここでご紹介する機能を使えば、同じ Wi-Fi・LAN に接続する iPhone/iPad・PC とファイルをやり取りできます。ブラウザからのアクセスでも OK です。

メールでは送りにくい、サイズの大きなファイル・複数枚の写真などを簡単にやりとりすることができます。

アプリの大まかな機能については、以下のレビュー記事でご紹介しています。
最強の「無料」ファイル管理アプリ「Documents by Readdle」がiPhoneに対応!

アクセスに必要なURL・設定を確認する

左:アプリを開いたら下のボタンをタップ。
右:右上のボタンをタップします。

Documents by Readdle Documents by Readdle


Documents by Readdle
「http://」から始まるアドレスをチェックします。

【WiFi Settings】をタップすると…


Documents by Readdle
【Enable Drive】でサーバ機能をオフにできます。【Ask For Password】でユーザー名・パスワードによるアクセス制限が施せます。


他からのアクセスを許可する

Documents by Readdle
はじめてアクセスされる場合には、このようなメッセージが表示されます。

アクセスを許可する場合は【Yes】をタップします。


iPad版Documents by Readdleからアクセス

【Network】をタップし、「Available devices」の中からアクセス先を選びます。

Documents by Readdle


アクセスしようとしているサーバにユーザー名・パスワードによる制限が施されている場合は、これらを入力する必要があります。

iPhone版Documents by Readdleからアクセス

左:アプリを開いたら下のボタンをタップ。
右:「Available devices」からアクセス先を選びます。

Documents by Readdle Documents by Readdle


PCからブラウザでアクセス

ウェブブラウザを開き、アドレスバーに先ほどチェックした URL を入力します。

Documents by Readdle


ユーザー名・パスワードによるアクセス制限が設定されている場合は、ユーザー名・パスワードを入力します。

Documents by Readdle


制限が施されていない場合でも表示される時は、空欄にしたまま、ログインします。

アクセスに成功すると、このようにファイルがリストアップされます。クリックして開けばダウンロードされます。

Documents by Readdle


ファイルをサーバに送りたい時はページを下にスクロール。【ファイルを選択】ボタンをクリックし、送りたいファイルを選びます。

Documents by Readdle


選択し終えたら【Upload File】をクリック。これで送信されます。

Documents by Readdle


次回も iPhone 版 Documents by Readdle の使い方をご紹介します。お楽しみに!

おすすめ iPhone アプリ
Documents by Readdle ・開発: Readdle
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 29.2 MB
・バージョン: 4.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!