iPad版Google Mapsは今夏リリース予定、iPhone版にも新機能。

AppBank の主任です。

Google の開発者向けイベント「Google I/O」で、iPad 版 Google Maps が今夏にもリリースされる予定であることが発表されました。

iOS 版 Google Maps は昨年12月に App Store に登場しましたが、現在も対応しているのは iPhone/iPod touch のみです。

現在の iPhone 版アプリがユニバーサル化し、iPad にも対応するものと思われます。

Google Maps


Google I/O 2013: Day 1 Keynote and Android Sessions – YouTubeより)

さらに iPhone・iPad 版に共通で、既にある機能の強化・新機能の追加も行われます。

1つはリルート機能の強化。事故・渋滞情報を元に、より早く目的地にたどり着けるルートに変更できます。

発表を見る限り、これまで Safari や Android のみで利用できた「屋内地図」にも対応するようです。

新たに追加されるのは「Explorer」。これまでも周辺の飲食店や観光地などを検索したり、コメントをチェックできましたが、5つ星評価やカテゴリによる分類が追加されるなど、より使いやすくなりました。

Google Maps


Google I/O 2013: Day 1 Keynote and Android Sessions – YouTubeより)

これらの機能が iPhone 版で利用できるようになるのは、iPad 版のリリース時期と同じ「今夏」と予告されています。

発表の様子は YouTube で見ることができます(モバイル版 Google Maps は2時間29分あたりから)。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!