Appleの音楽聴き放題サービス「iRadio」は音声・バナー広告で利用料は無料?

AppBank の主任です。

現地時間の6月10日に開幕する、WWDC での発表が噂される、Apple の音楽聴き放題サービス「iRadio」。

Mac Rumors によると、その「iRadio」には2種類の広告を導入されるので、利用料金は無料となるかもしれません。

2種類の広告とは、曲と曲の間に再生される「音声広告」と従来型の「バナー広告」。いずれも iAd を通じて広告枠が販売されるようです。

ターゲット広告を導入か?

こうした広告システムは、既に同種のサービス Pandora で導入されていますが、競合に比べて Apple には利点があります。

その利点とは、広告に使える情報を豊富に持っていること。

Mac Rumors によれば、Pandora は利用者の性別・地域・過去に聴いた曲を元に広告を表示しますが、Apple はそれに加えて映画・アプリの好みなどのデータも使えます。

こうした情報を使えば、より的確な広告を表示させられるため、Pandora よりも高い広告料を設定することができます。

これ以前にも iRadio の利用料は無料になる・音声広告が導入されるとの噂が報じられていました。

Apple、聴き放題サービス「iRadio」発表に向けてワーナーと契約締結か。

サービスの内容によってはiRadio劣勢も

iRadio の広告システムや収益のモデルが魅力的であっても、ユーザーにとって魅力的なサービスを提供できなければ、先行する Pandora には対抗できません。

さらにアメリカなどでは、提供されている曲を好きな時に再生できる Spotify も人気。

iRadio の内容によっては、すでに Spotify や Pandora を使っている iPhone/iPadユーザーにインパクトを与えることはできないかもしれません。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!