iPhone 5Sの試作品?内部・デュアルLEDを含む背面の写真が公開される。

AppBank の主任です。

Mac Rumors が、iPhone 5S の試作品と思われるデバイスの内部を撮影した写真と背面パーツの写真を公開しました。

iPhone 5S


(画像引用元:Apple’s iPhone 5S Revealed in New Photos – Mac Rumors

Mac Rumors は、上記の画像から分かる事として「4つの特徴」を挙げています。

  • 写っているロジックボードが今週報じられたパーツと似ている
  • プロセッサが載っているが「A7」かは不明
  • プロセッサの型番からすると製造時期は2012年10月後半
  • バッテリの容量が増えている

Mac Rumors も指摘するように、この写真に写っているものが iPhone 5S(あるいはその試作品)であると考えられるのは上記の特徴が理由です。

iPhone 5 であれば、ロジックボード上部のディスプレイ用コネクタの位置が合いません。バッテリの容量が増えていること・認証ロゴが足りないことも指摘されています。

デュアルLEDフラッシュを搭載か?

Mac Rumors は背面パーツを撮影した写真も公開しています。LED を2つ搭載した「デュアル LED フラッシュ」を搭載しているようです。

iPhone 5S


(画像引用元:Apple’s iPhone 5S Revealed in New Photos – Mac Rumors

これはかねてから噂されている iPhone 5S の特徴です。先日 AppleInsider が入手した、iPhone 5S の寸法図にも記載されていました。

iPhone 5S・廉価版iPhoneの「ケース設計用寸法図」? サイズは類似か。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!