子供がiPhoneを触る時は不適切な表現「EXPLICIT」をオフにしよう。(昼刊)

こんにちは、日曜日はパパ業務のKEN360です。



洋楽を聴いている方は心当たりがあるかもしれません。iTunesで「EXPLICIT」と表示されているコンテンツがありますよね。子供とiPhoneを触っている際は、このコンテンツを表示しない様に設定しましょう。

EXPLICITとは不適切な表現が含まれているコンテンツの事

「EXPLICIT」とは「Fワード」と言われる、F××kやS××tの様な不適切な表現が使われているコンテンツに表示されています。僕のように洋楽のメタル、ハードロックを聴いている方は心当たりありまくりだと思います。反対に不適切な言葉をわざわざ省いたものには「CLEAN」と表示されます。

僕がメタル聴き始めのころ、目にするCDのジャケットには必ずと行っていいほどこのマークがありました。あまりにも多く目にするので、どこかのミュージックレーベルかと思うくらいでした。全く意味が違いましたけどね。

iPhoneでEXPLICITコンテンツを表示させない方法

子供の前でiPhoneやiPadで曲を聴くとき、ミュージック上に表示させない方法です。

設定→一般から、機能制限をタップします。


許可できる項目がざっと現れます。下までスクロールしましょう。「コンテンツの許可」から、「音楽とPodcast」を選択。


「許可する音楽とコンテンツ」で、「EXPLICIT」をオフにしましょう。これで完了です!

確認してみましょう。「EXPLICIT」を許可。右が「EXPLICIT」をオフの状態です。


いかかがですか?不適切な表現を表示させない小ネタでした。iPhoneの操作は簡単で子供でもすぐに使い方を覚えられるからこそ、しっかりとガードしてあげましょう。

今回の以外に子供にiPhoneを持たせる前に設定したい内容まとめはコチラ→わが子にiPhoneを持たせる前に、設定したいフィルターや機能制限。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!