Appleの開発者向けウェブサイト閉鎖の影響でフィッシングメールが増加。

AppBank の主任です。

ZDNet が、Apple が開発者向けサイトを閉鎖したことを受けてフィッシングメールが増加している、と報じています。

フィッシングメールとは、例えば有名企業を装って「アカウントに不正なアクセスがあったので所有者を再確認します」として偽のウェブページに誘導するメールです。

最終目標は偽のウェブページに ID・パスワード・クレジットカード番号・住所などを入力させて情報をだまし取ったり、偽の手数料などを入金させることにあります。

Apple が開発者向けサイトを閉鎖した理由については、以下の記事をご覧ください。

対策は?

送信元を確認する・要求していないのに企業からメールが届いた場合には用心するのも重要ですが、この他にも注意点があります。

Apple ID の再確認を装ってクレジットカード番号を狙うフィッシング詐欺の場合、以下の対策が有効と考えられています。

対策1:リンクを安易に開かない

メールの文中にあるリンクを開く際には、URL(アドレス)を確認しましょう。HTML メールの場合、文中のアドレスを開くとは限りません。

iPhone の場合は長押し、PC の場合は右クリックでコピーすると URL を確認できます。

対策2:ブラウザのURLを確認する

Apple ID の管理ページなどの個人情報を管理するページにアクセスする時は、ブラウザの URL を確認しましょう。

フィッシング詐欺で利用するウェブページの URL は正しいものに見えますが、例えば「apple.com.cgi」などと後ろに本来とは異なる文字列が続くことがあります。

南京錠の有無にも注意しましょう。個人情報の管理ページでは「HTTPS」という方法を使って通信することが多いです。その際にはブラウザに南京錠のアイコンが表示されます。

正しい個人情報の管理ページをあらかじめブックマークしておくのも効果的です。

Apple ID を管理できる「My Apple ID」を Safari で開くと、アドレスバーは以下のようになります。

Apple ID


Mac の Safari の場合はこちら。

Apple ID


Chrome の場合はこちら。

Apple ID


Internet Explorer の場合はこちら。

Apple ID


参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ