iPhone 5sの可能性を広げる「M7コプロセッサ」とは?

AppBank の主任です。

iPhone 5s と言えば指紋認証機能「Touch ID」に注目が集まっていますが、地味ながら大きな可能性を秘めているパーツがあります。

それは「M7モーション・コプロセッサ」です。iPhone の「動き」に関するデータを処理し、アプリから利用できるようにします。

M7


アップル – イベント – Special Event 2013年9月より)

しかし、「動き」に関するデータは A6 プロセッサでも処理できていました。例えば、地図アプリで使うコンパス・歩数計アプリなどは問題なく使えています。

では、なぜ iPhone 5s で「M7」を搭載し、これらのデータを処理させるようになったのでしょうか?

今回は iPhone 5s に「M7」が搭載された理由、「M7」が持つ可能性をご紹介します。

「コプロセッサ」とは?

英語では「coprocessor」と書きますが、あえて日本語に訳すと「副プロセッサ」。メインのプロセッサを助けるパーツになります。

iPhone/iPad の場合、メインとなるのは「A」が付くプロセッサ。iPhone 5 なら A6、iPhone 5s なら A7 プロセッサと呼ばれています。

iPhone 5s に搭載されている「M7 コプロセッサ」は、この A7 プロセッサを助ける役目を持っています。

M7コプロセッサの役割

Apple によると、M7 コプロセッサは加速度センサー・ジャイロスコープ・電子コンパスと連携しています。

加速度センサーは iPhone を上下左右に動かした瞬間に生じる「G」を計測できます。

ジャイロスコープは傾き・角度、より具体的には iPhone の上下を軸とする回転(ヨー)・左右を軸とする回転(ピッチ)・前後を軸とする回転(ロール)を計測します。

M7


電子コンパスはその名の通り、方角を計測できます。

M7 の役割は「センサーが捉えた情報を iOS・アプリが利用できるよう、常に処理すること」です。

適所適材でバッテリ消費を抑える

通常、これらのセンサーから受け取るのは信号で、これをアプリが扱えるようにデータに変換する処理が必要です。プロセッサがこの作業を行います。

しかし、これらの処理は比較的簡単なので、高性能なプロセッサでは処理能力を持て余すだけでなく、電力を浪費するのでバッテリ稼働時間を縮めます。

特に A7 プロセッサは最大時の性能が、iPhone 5 搭載の A6 プロセッサの2倍と言われており、消費電力も増えていると考えられます。

そこで Apple は、これらの処理を専門で行う M7 を iPhone 5s に搭載することにしたと考えられます。

M7


M7コプロセッサの正体

最新の iPhone には最新のパーツが搭載されている、と思いがちですが、M7 に使われているのは2010年に発表された省電力チップと見られています。

先日公開された iPhone 5s 分解レポートによると、NXP 社の LPC1800 シリーズのチップが使われているようです。

M7


(画像引用元:Inside the iPhone 5s | Chipworks Blog

ちなみに最大動作速度は 150MHz。この数字が消費電力・性能の大小を決める訳ではありませんが、A7 プロセッサは最大 1.3GHz で動作します。

iOSと連携してさらに消費電力を節約

Apple によると、M7 コプロセッサは常時 iPhone の動きをチェックしてユーザーの状態、「止まっている・走っている・歩いている・運転している」を識別できます。

例えば 3つのセンサーの情報から iPhone がしばらく動いていないと判断できる場合には、ネットワークをチェックする間隔を広げてバッテリを温存します。

さらに自動車で移動中と判断すれば、沿道の Wi-Fi を検索・接続することのないように iOS の設定を変更するようです。

したがって M7 は iPhone に搭載されている iOS と深い部分で連携し、状況に応じてバッテリを節約することもできるようです。

M7コプロセッサで広がる「可能性」

M7 はセンサーの情報を常に処理しているため、これを活用しない手はありません。

Apple は M7 のデータを活かせるように、開発者向けにアプリからデータを利用する為に必要な命令集「CoreMotion」を公開しています。

例えば、以下のような用途が考えられます。

いずれの用途も iPhone 5s 以外の機種で実現可能ですが、iPhone 5s なら省電力で行える・長時間利用できる点に魅力があります。

活動量計アプリ

Apple は iPhone 5s 発表時に「Nike+ Move」を紹介しています。M7 が処理したデータを使い、1日の活動量を記録できます。

M7


アップル – イベント – Special Event 2013年9月より)

こうしたフィットネス・健康維持アプリは今後増えるかもしれません。

カーナビアプリの精度向上・消費電力の削減

カーナビの多くは GPS のほかにジャイロスコープ・加速度センサーも使って、現在位置の測定精度を上げています。これと同じことが iPhone 5s でも可能と思われます。

実現すれば GPS を使って現在地を測定する頻度を減らせそうです。GPS の利用頻度が減らせれば、バッテリの消費を抑えることができます。

屋内ナビ

GPS が利用できない場所でも、加速度センサー・ジャイロスコープ・電子コンパスを使い、最後の位置情報を元にして現在地を測定できるかもしれません。

ジャイロのみを使って測定・ナビゲーションする「ジャイロ航法」は、航空機・ロケットなどで使われています。

具体的な場所では「建物内・地下などの屋内」が考えられます。先日ご紹介した iOS 7 の機能 iBeacon と組み合わせることで、より精度が向上しそうです。

参考(順不同)

おすすめ iPhone アプリ
AppBank.net アプリの使い方・ゲーム攻略・ケース選び・最新のニュースがわかる! ・開発: AppBank
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 4.3 MB
・バージョン: 1.0.14
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ