Apple、iPhone落下時の画面損傷を最小限にする特許を申請。

AppBank の主任です。

VentureBeat によると Apple は、iPhone や iPad を落とした時に液晶画面や背面から着地しないようにする仕組みを特許として申請しました。

iPhone・iPad で最も弱い部分は液晶画面。強化ガラスを採用しているものの、この部分に強い衝撃を与えるとやはり割れてしまいます。

ipad 2 G-form


iPhone は背面にもガラス製パーツを装着しているので、同様の問題があります。

こうした弱点をカバーするのが、今回 Apple が申請した特許です。

落下時の角度を検知、iPhoneを回転させる

申請内容によると、センサーが iPhone の落下を検知。次にジャイロスコープで iPhone の落下角度を検知します。

この時に液晶画面や背面から落下することが予想される場合、iPhone を回転させます。

Apple


(画像引用元:New Apple tech will flip falling iPhones like a cat — or use jets to cushion a drop | VentureBeat

iPhone を回転させる方法として考えられているのが、モーターによって iPhone の重心を変える方法。さらにファンなどで空気を送り出す方法も検討されています。

着地させる面として考えられているのが iPhone の側面。この面はすべて金属製なので、この面で着地しても被害は最小限に食い止められます。

Apple


(画像引用元:New Apple tech will flip falling iPhones like a cat — or use jets to cushion a drop | VentureBeat

落下直前に空気を放出し、iPhone の落下速度を減少させる「エアクッション」にも言及しています。

実現には課題も

今回申請された特許で主張されている仕組みを実現するには、いくつか課題があります。

まず、モーターによって重心を変える・ファンなどで空気を送り出す方法を採用する場合、そうした部品を iPhone に内蔵できるのか。

次に、iPhone の落下開始地点から地面までの距離を計測する術がないこと。場合によっては iPhone の回転が間に合わず、被害が増す可能性もあります。

落下直前に空気を放出する「エアクッション」方式の場合、この距離が分からないと空気を放出するタイミングが掴めません。

また、Amazon が同様の特許を取得済みなので、Apple の申請が通るかは不明です。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
AppBankのゲームコネクトでPS4や任天堂スイッチが当たるキャンペーン開催中!! 新規会員向けのプレゼントもありゲーコネ初めは、今がチャンス!

ゲームコネクト

オススメ