[iPhone, iPad] Microsoft Remote Desktop: 対応するWindowsを遠隔操作できるマイクロソフト純正アプリ。無料。

マイクロソフトが Remote Desktop をリリースしました。iPhone・iPad から、対応するバージョン・エディションの Windows を遠隔操作できます。

Microsoft Remote Desktop


ほとんどのソフトがそのまま利用できますが、アニメーションが激しいソフト・グラフィック能力を要求するソフトの遠隔操作には向きません。

マイクロソフトの純正アプリなので、Windows 側にクライアントソフトをインストールする必要はなし。Windows 側で設定を行えば、すぐアクセスできます。

ただし前述の通り、対応するエディション・バージョンの Windows が必要になります。この点については後ほど詳述します。

今回は簡単な使い方をご紹介します。

Windowsを設定する

Windows に含まれる機能を使って遠隔操作を行うので、あらかじめ設定を行っておく必要があります。

設定方法は、以下のマイクロソフトのウェブページで紹介されています。

リモート デスクトップ接続: FAQ – Microsoft Windows ヘルプ

遠隔操作できるWindows

以下のバージョン・エディションの Windows が遠隔操作できます。

  • Windows XP Professional
  • Windows Vista Enterpriese・Ultimate・Business
  • Windows 7 Enterpriese・Ultimate・Professional
  • Windows 8 Enterpriese・Pro
  • Windows 8.1 Enterpriese・Pro

iPhone版 – Microsoft Remote Desktop

Microsoft Remote Desktop
まず【New Remote Desktop】をタップし、接続先となる PC を追加します。


Microsoft Remote Desktop
「PC name」に接続先の PC のネットワーク名あるいは IP アドレスを入力します。他は必要に応じて設定します。


左:先ほど追加した PC をタップして開きます。
右:アクセスに必要なユーザー名・パスワードを入力すると…

Microsoft Remote Desktop
Microsoft Remote Desktop


Windows にアクセスできます。タップで項目を開いたり、選択できます。

Microsoft Remote Desktop


表示が小さいと感じたら矢印で指しているボタンをタップ。

Microsoft Remote Desktop


画面を拡大して表示します。表示範囲を移動したい時は、緑枠で囲んでいる部分をタップし、そのまま指を離さずに左右上下に移動させます。

Microsoft Remote Desktop


iOS の日本語入力機能で入力した内容がそのまま Windows にも反映されます。キーボードを表示するにはキーボードボタンをタップします。

Microsoft Remote Desktop


ログアウトするには接続先名をタップします。

Microsoft Remote Desktop


右上のボタンをタップするとログアウトします。

Microsoft Remote Desktop


iPad版 – Microsoft Remote Desktop

やはり iPad の方が画面が広く、表示が大きいので見やすいです。Windows タブレットを操作しているような感覚になります。

Microsoft Remote Desktop


キーボードを表示しても画面に余裕があります。

Microsoft Remote Desktop


すべての Windows PC で使えるアプリではありませんが、対応する Windows をお使いの方はぜひお試しください。

おすすめ iPhone アプリ
Microsoft Remote Desktop ・開発: Microsoft Corporation
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ビジネス
・容量: 12.6 MB
・バージョン: 8.0.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ