Keynote Remote: プレゼン時に必須!Mac/iPadのKeynoteを操作できる純正アプリ。無料。

AppBank の主任です。

Apple 製のプレゼンアプリ「Keynote」のスライドを操作できる、純正アプリ Keynote Remote をご紹介いたします。

Keynote Remote
Keynote Remote


プレゼン時に Mac・iPhone/iPad をプロジェクターに接続すると、発表者は手元で操作できません。そんな時に役立つアプリです。

手元の iPhone で、Mac や別の iPhone/iPad で起動している Keynote のスライドをめくったり、スライド・発言者ノートを確認できます。

これまでは有料アプリでしたが、先日の iPad Air 発表イベント以降に無料化されました。Apple による発表はないため、いつまで無料かは不明です。

Keynoteアプリが必須

Keynote Remote を利用するには Keynote アプリが必要になります。条件に合う新しい iPhone/iPad/iPod touch・Mac であれば無料で入手できます。

通常は App Store で iOS 版が1,000円、Mac 版は2,000円で販売されています。

iWork


Mac版Keynote(2013年版)と連携させる

Keynote Remote は2011年以来アップデートされていませんが、iOS 7 をインストールした iPhone 5 と先日発表された Mac 版 Keynote(v.6.0)で連携できました。

Mac 版 Keynote と連携させるには iPhone を Mac と同じネットワークに Wi-Fi で接続させる必要があります。Bluetooth は利用できないようです。

※通信内容は暗号化されません。機密情報を含むスライドを扱う際はご注意ください。

左:Keynote Remote を開いて【Keynote にリンク】をタップ。
右:【新規 Keynote リンク】をタップします。

Keynote Remote
Keynote Remote


Keynote Remote
パスコードが表示されます。

これが後ほど必要になります。


次に Mac で Keynote アプリを起動します。【Keynote】メニューを開いて【環境設定】をクリックします。

Keynote Remote


「Remote」タブを開いて「iPhone および iPod touch の Remote を有効にする」にチェックを入れます。次に iPhone の【リンク】ボタンをクリック。

Keynote Remote


iPhone の Keynote Remote で表示されているパスコードを入力します。

Keynote Remote


ボタンが【リンク】から【リンク解除】になれば、リンクは成功です。

Keynote Remote


次に Mac の Keynote アプリでプレゼン資料を開いておきましょう。

iPhone の Keynote Remote アプリに戻ります。

左:【完了】ボタンをタップ。
右:【スライドショーを再生】ボタンをタップします。

Keynote Remote
Keynote Remote


すると Mac 版 Keynote がプレゼンモードに切り替わり、フルスクリーンでスライドを表示し始めます。

Keynote Remote
iPhone でスライドを左右にスワイプすると Mac でもスライドが切り替わります。

下には Keynote で書き込んだ発言者ノートも表示されます。


左:【オプション】をタップして【設定】をタップすると…
右:表示の「方向」を変更できます。【横】にすると…

Keynote Remote
Keynote Remote


現在のスライドと次のスライドをまとめて表示します。こちらも左右にスワイプすると、Mac でもスライドが切り替わります。

Keynote Remote


iPadのKeynoteと連携させる

先述の通り、Keynote Remote は古いアプリですが、先日発表されたばかりの iOS 版 Keynote(v.2.0)と連携できました。

ただし、通信内容は暗号化されないので機密情報を含むスライドを扱う際には注意が必要になります。

Keynote Remote を使う iPhone 側の設定方法は Mac 版 Keynote と連携させた時と同じなので省きます。

ただ、iOS 版 Keynote と Keynote Remote を連携させる場合は Bluetooth を使って連携できます。Wi-Fi が使えない時に便利です。

iPad 版の場合、以下のように連携設定を行います。

まずプレゼンに使う書類を開きます。次にレンチボタンをタップして【プレゼンテーションツール】>【Remote】をタップ。

Keynote Remote


次に「Remoteを有効にする」をオンにし、Keynote Remote を起動している iPhone の【リンク】をタップします。

Keynote Remote


iPhone の Keynote Remote に表示されているコードを入力します。

Keynote Remote


あとは iPhone から Mac 版 Keynote の時と同じように操作できます。

おすすめ iPhone アプリ
Keynote Remote ・開発: iTunes K.K.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 2.7 MB
・バージョン: 1.3
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ