11月発売のiPad mini、ディスプレイ不足で製造が滞って入手困難に?

Digitimes によると、iPad mini Retinaディスプレイモデル(第2世代 iPad mini)の製造が滞っているようです。

iPadEvent20131023 - 2


なお、先日行われた Apple の決算報告会でティム・クック CEO は、ホリデーシーズンの需要に見合う第2世代 iPad mini を供給できるかは不透明、と発言しています。

iPad mini製造が遅れる原因は?

Digitimes が台湾の部品供給業者から聞いた話によると、シャープが担当する第2世代 iPad mini 向けディスプレイの生産に遅れが生じているようです。

酸化物半導体 TFT と呼ばれる種類の液晶ディスプレイの生産過程に問題があり、出荷できる水準に満たない液晶の割合が高いと報じています。

「シャープ」で「酸化物半導体」と言えば、低電力で動く「IGZO 液晶」が有名。しかし、9to5Mac・AppleInsider・Digitimes ともに「IGZO」には言及していません。

40%はシャープ、60%はLGディスプレイ?

Digitimes は、シャープが製造を担当するのは 40% で、残りの 60% は LG ディスプレイが担当すると報じています。

LG ディスプレイで製造するのは酸化物半導体 TFT ではなく、一般的なアモルファスシリコン TFT としています。

IGZO搭載でバッテリ稼働時間は変わるのか

Apple は、第2世代 iPad mini に搭載されるディスプレイが「IGZO」であるとも「アモルファスシリコン」であるとも謳っていません。

単に「IPSテクノロジー搭載7.9インチLEDバックライト マルチタッチディスプレイ」と表現しています。

さらに Apple の発表によると、バッテリ稼働時間は Wi-Fi でのネット利用・ビデオ/オーディオ再生で最大10時間です。

仮に IGZO が搭載されていたとしても、消費者が IGZO 搭載の第2世代 iPad mini を選ぶことはおそらく不可能なので、この点はほとんど変わらないと考えられます。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ