[iPhone, iPad] CloudBeats: クラウドに保存した音楽を再生!複数サービスをまとめてプレイリストをつくれます。

iPhoneで音楽をたくさん聴きたいけど、容量が気になる方は「CloudBeats」で解決するかもしれません。

pauls1010cloudbeats - 03
pauls1010cloudbeats - 08


クラウドサービスに保存した楽曲を再生できるプレーヤーアプリです。

こまかい操作ができ、オフライン再生やサービスをこえたプレイリスト作成にも対応。使い勝手のよいアプリです。

まずはサービスにログイン

アプリを起動したら、メニューを開いてクラウドサービスにログインします。

pauls1010cloudbeats - 01 pauls1010cloudbeats - 02


対応サービスは現在以下の5つ。

  • Box
  • Dropbox
  • Google Drive
  • Mediafire
  • SkyDrive
pauls1010cloudbeats - 03
pauls1010cloudbeats - 04


ログインずみのアプリはメニューに表示されるようになります。サービスを選んだら、メイン画面から曲を再生してみましょう。

pauls1010cloudbeats - 05 pauls1010cloudbeats - 06


長いポッドキャストの再生にも向いています

pauls1010cloudbeats - 07 こちらが再生画面です。

通常のプレーヤーアプリのように、シャッフルやリピートに対応しています。


pauls1010cloudbeats - 08 便利なのが再生メニュー!

まずは再生速度の変更

英語ポッドキャストで語学勉強したいときに役立ちそう。


pauls1010cloudbeats - 09 長い朗読ファイルを聞くときはブックマーク保存で中断しても安心ですね。


pauls1010cloudbeats - 10 寝るときはスリープタイマーを使えます。

15分から90分まで設定できます。


サービスをまたいでプレイリストを作れます !

リスト画面で曲名を長押しすると、プレイリストに追加できます。

pauls1010cloudbeats - 11 pauls1010cloudbeats - 12


pauls1010cloudbeats - 13 DropBoxやGoogle Driveなど、サービスが違っても同じプレイリストに追加できるのは超ベンリ!

無料会員で複数のサービスに少しずつ保存している方も多いのでは?


その他の機能

pauls1010cloudbeats - 14 曲を再生中に画面上部のメニューバーをタップすると、iPhoneにダウンロードできます。

ダウンロードの時間を待ちたくない曲は、本体に入れてしまいましょう。


pauls1010cloudbeats - 15 ラジオミックス機能では、再生済みの曲からミックスプレイリストを作ってくれます。


pauls1010cloudbeats - 16 曲の検索機能もあります。

どのサービスに入れたかわからなくなっても、すぐに見つけられます。


今まで、一つのクラウドサービス専用の音楽再生アプリはありましたが、複数のサービスをまとめられるアプリは初めてではないでしょうか?

無料版もあるので、気になる方はそちらから始めてみてください。

おすすめ iPhone アプリ
CloudBeats - クラウド音楽プレイヤー Dropbox, Box, SkyDrive, Google Drive, Mediafire ・開発: Willengale Solutions Ltd.
・掲載時の価格: ¥500
・カテゴリ: ミュージック
・容量: 7.0 MB
・バージョン: 2.6.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!