iPhone 5ユーザーにiPhone 5s/5cは不人気?旧機種からの買替は増加。

Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)によると、アメリカでは旧 iPhone から iPhone 5s/5c に買い替えるユーザーが iPhone 5 発売時に比べて増えました。

iPhone


一方で iPhone 5 から iPhone 5s/5c に買い替えた割合は、昨年に iPhone 4s から iPhone 5 に買い替えた人の割合よりも減っています。

これらの数値はいったい何を意味しているのでしょうか?

今回 CIRP が行った調査では、アメリカ国内で9月20日以降に iPhone 5s/5c を購入した400人が対象となりました。

以下は CIRP が調査結果をまとめたグラフです。

iPhone


(Mac Rumors より)

すでに iPhone を持っているユーザーが iPhone 5s/5c に買い替える割合は 65%。昨年の iPhone 5 発売時は 55% だったので増加しています。

一方で iPhone 5 から iPhone 5s/5c に買い替えたユーザーは 6% と、昨年の iPhone 4s から iPhone 5 に買い替えたユーザーの割合(12%)の半分です。

iPhone 6を待っている?

Mac Rumors は、iPhone 5 から iPhone 5s/5c に買い替えるユーザーが少ない原因として、以下の2点を挙げています。

第一に iPhone 5c は iPhone 5 とほぼ同じ仕様である点、そして第二に iPhone 5s は在庫不足に悩んでいる点です。

もう1つ考えられるのは、iPhone 6 を待っている可能性です。

iPhone は2年ごとにデザインを一新する大幅アップデートを行う傾向があります。消費者もそれを期待しているのかもしれません。

iPhone 4s以前のユーザーには魅力的?

iPhone 5s/5c は、iPhone 4s 以前の機種にない機能を備えています。

例えば、4インチのディスプレイ・LTE 通信機能・新色「ゴールド」のほかに iPhone 5c のカラフルな5色などです。

さらに iPhone 4s の2年契約が終了した・お買い得感や安定感がある「s」が付く iPhone を好んで購入しているユーザーがいることも考えられます。

参考・画像引用元

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!