オーストラリアで爆発したのはiPadの旧モデルか。Appleは調査を開始。

Mashable によると、オーストラリアで爆発したのは iPad Retinaディスプレイモデルで、iPad Air ではないことが分かりました。

現地メディアの news.com.au によると、現地時間で先週水曜日にオーストラリアの首都キャンベラにある Vodafone ストアで爆発が起こりました。

デモ展示されていた iPad の充電ポートから発火し、室内には煙が充満したとのこと。その後も充電ポートからは火花が上がっていたようです。

Apple はすでに問題の iPad を回収して調査を始めているようですが、コメントは発表していません。

Mashable が Vodafone の現地法人に問い合わせたところ、爆発したのは iPad Air ではないことが確認できた一方、第3世代・第4世代 iPad のどちらが爆発したのかは分かっていません。

当初は「iPad Air が爆発した」との報道がありました。9to5Mac は「iPad Air が発火」と報じています。

メディアによって「爆発」としたり「発火」と報じていたりと、いったいどちらが起きたのか、あるいは両方が起きたのかは判然としません。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ