GmailやGoogleドライブの大切なデータを丸ごとバックアップする方法

Gmail や Google ドライブ・Google カレンダーはとても便利なサービスで、たくさんのメール・書類・予定などのデータを残せます。

しかし、Google は万全を期していますが、誤って自分でデータを消してしまったり、問題が起きた際にこれらのデータが消える可能性は十分考えられます

Google


(画像引用元:Google)

そこで今回は Google の公式ツールを使い、これらのサービスに残しているデータを PC にバックアップする方法をご紹介します。

この方法を使えば、Gmail のメールと連絡先・Google カレンダーの予定・Google ドライブの書類を PC にバックアップできます。

※バックアップには、データの保存に必要な空き容量を持つ PC が必要です。

Googleアカウントでログイン

Gmail などにログインしたら、右上のアカウント名をクリック。さらに【アカウント】のリンクを開きます。

Google


次に上部の【データツール】タブをクリックし、【ダウンロードするデータを選択】を開きます。

Google


バックアップするデータを選ぶ

【アーカイブを作成】をクリック。

Google


アーカイブを作成する前にバックアップの設定を確認しましょう。

Google


Gmail ではバックアップするメールをラベルで限定できます。

Google


同様に Google カレンダーでも、カレンダーでバックアップする予定を限定できます。

Google


Google ドライブではバックアップする際のファイル形式を選択できます。

Google


最後に、データをバックアップするサービスにチェックマークが入っているかを確認します。それから【アーカイブを作成】をクリックしましょう。

Google


Google に保存しているデータの容量によっては準備に時間がかかります。容量が少なければ早く終わりますが、容量が多いと数日ほどかかる可能性も。

準備が完了するとメールで知らせてくれます。その場合はメール本文のリンクからダウンロードページにアクセスできます。

Google


ダウンロードする

そのまま待つ場合は、準備が終わるとページが切り替わってダウンロードできるようになります。

Google


再びダウンロードするには?

バックアップにはダウンロードできる期間に限りがあります。また、同じバックアップのダウンロードは5回までに制限されています。

期間・制限内であれば Google の専用ページの【マイ アーカイブ】から再ダウンロードできます。

Google


期間外の場合はあらためてバックアップしたいデータを選び、ダウンロードの準備を行わせる必要があります。

ダウンロードしたバックアップはどうすれば良い?

PC に残しておくこともできますが、可能であれば DVD・USB メモリなどのメディアを使って保存することをお勧めします。

注意したいのはメール・連絡先をバックアップした場合です。

Gmail と違い、このバックアップデータを開く際には ID・パスワードは求められません。取扱・保管は慎重に行いましょう

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ