Authy: 2段階認証のコードをまとめて管理! 紛失時の復元・データ同期もできる。

セキュリティを向上させる2段階認証は Gmail などで導入されていますが、コード確認アプリのデータが消えてしまうと復旧に手間取ります。

今回ご紹介する Authy は、2段階認証のこうした弱点を克服できるアプリです。

Authy
Authy


Authy は2段階認証のコードを確認できるだけでなく、コードの生成に必要な情報を暗号化した上でサーバに保存できます。

ですから、iPhone が壊れても電話番号とパスワードを覚えていれば、すぐに元の状態に戻せます

さらに登録した、他の iPhone/iPad からもコードを確認でき、紛失時には同期を解除することもできます。

「2段階認証とは何か?」の解説はこちらの記事をどうぞ。

DropboxやGmailのセキュリティが向上する「2段階認証」とは?

初期設定を済ませる

Authy
まず電話番号を登録します。

【+Code】では「Japan」あるいは「81」を選びます。

【Cellphone number】には最初の「0」を除いた電話番号を入力します。


Authy
次に Authy の登録コードをどのように受け取るかを選び、選んだ方法で届くコードを【Registration Pin】に入力します。


2段階認証のデータを登録する

Authy
【Add Authenticator Account】をタップします。


Authy
最初に登録する際は、2段階認証のデータをサーバにバックアップするかを尋ねられます。

バックアップする場合は、暗号化したデータを復元する際に必要な Authy 用のパスワードを設定します。


Authy
次にウェブサービスで2段階認証をオンに切り換えて、表示されたバーコードを読み取ります。


各サービスの2段階認証の設定方法はこちら。

Authy で表示されるロゴ・名称を変更できます。

Authy
Authy


Authy
登録が完了すると、2段階認証のコードが表示されます。

ウェブサービス側でコードが使えるものかを確認するため、試しにコードを入力する作業があります。

必ず Authy に表示されるコードが使えるものかを確かめましょう


iPhoneが壊れた・iPhoneを無くした時は…

初期化した、あるいは新しい iPhone に Authy アプリをインストールします。

それから最初に Authy に登録した電話番号をアプリに入力すると、登録済みのメールアドレスに確認メールが届きます。

確認メールからアクセスを許可した後に SMS か通話による認証を行うと、これまでのデータを復元できます。

複数のデバイスからコードを確認する

Authy
すでに Authy を使っている iPhone で、設定から「Multi-device」機能をオンにします。


次に新しいデバイスで Authy の設定を行います。

左:Authy に登録した電話番号を入力して【Add Secondary Device】をタップ。
右:追加するデバイスの名前を決めます。

Authy
Authy


Authy
すると、すでに Authy を使っている iPhone に通知が届きます。通知を開くと、新しいデバイスからのアクセスを許可するか否かを尋ねられます。

デバイス名・タイミングが合っているか・IP アドレスなどを確認し、問題がなければ【Allow】でアクセスを許可します。


新しいデバイスに戻り、暗号化したデータを復元するパスワードを入力すれば、2段階認証のコードが確認できるようになります。

Authy
Authy


アプリをパスコードでロックする

Authy
Authy を開く際にパスコードを求めさせる機能もあります。


iPadでも使えます

Authy は iPad でも使えます。デザイン・機能は iPhone 版と同じで、2段階認証のデータを同期することもできます。

Authy


Authyにデータを預けても安全なのか?

サーバにデータを保存する「バックアップ機能」や、他のデバイスからでもコードを確認できる「同期機能」は便利ですが、果たして安全なのでしょうか?

不正アクセスされる可能性は 0% ではありませんが、その仕組みから考えると、そこまで危険なものではありません。

預けるデータは暗号化されている

アプリからサーバに預ける2段階認証のデータは暗号化されます。このデータは最初に設定するパスワードで守られています。

そのため、別のデバイスから初めて同期する際には、暗号化されたデータを復元できるパスワードが必要になります。

2段階認証のコードだけではログインできない

仮に暗号化を解除されても、2段階認証のコードとそれを利用するサービスが分かるだけ。

それぞれのウェブサービスにログインする際に必要なパスワードは保存・登録できないので、Authy のデータだけでは各ウェブサービスにログインできません。

バックアップコードは必ず保管しよう

Authy に何らかの不具合が発生して2段階認証のコードが正しく生成されなくなれば、2段階認証を行うウェブサービスにログインできなくなる恐れがあります。

2段階認証の設定時に発行される「バックアップコード」や「解除コード」を必ず保管しておきましょう。

おすすめ iPhone アプリ
Authy ・開発: Authy Inc.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 12.1 MB
・バージョン: 14.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ