iPhoneをバックアップする方法。データを整理する前に必ずやろう!

iPhone・iPad の不要なデータを削除して整理したい時は、まずバックアップを取りましょう。

バックアップ


バックアップを取っておけば、整理する前の状態に戻すことが可能です。誤って消してしまったデータも復元できるかもしれません。

そこで今回は、おすすめのバックアップ方法をご紹介いたします。

iTunesを使ってバックアップしよう

まずは iPhone・iPad と PC を接続します。写真の Lightning ケーブルか、Dock ケーブルを使います。

lightning


iPhone・iPad を PC に繋ぐと、iTunes が自動で起動されるはずです。

そうでない場合は、手動で iTunes を起動します。Windows の場合はスタートメニューから、Mac の場合は「アプリケーション」フォルダから iTunes を起動できます。

iTunes


iPhone・iPad の設定画面を開くため、右上の【iPhone(iPad)】をクリックします。

バックアップ


上に並ぶ【概要】を選びます。

バックアップ


画面を下にスクロールして「バックアップ」の設定を確認しましょう。

まず【このコンピュータ】を選択します。次に【iPhoneのバックアップを暗号化】にチェックを入れます。

バックアップ


ここで暗号化のためのパスワードを設定します。このパスワードを忘れると、バックアップから iPhone・iPad を復元できなくなります。

バックアップ


バックアップが始まります。iPhone・iPad に保存されているデータの量が多いと、時間がかかる場合があります。

バックアップ


バックアップが終わったら「最新のバックアップ」の日付を確認します。直近の時刻になっていれば、バックアップ完了です。

バックアップ


連絡先をiCloudにもバックアップする

Apple によると、iTunes のバックアップ機能では、連絡先を完全にバックアップすることはできないようです。

そこで、連絡先を iCloud に同期してバックアップしましょう。

左:設定アプリを開いて…
右:【iCloud】をタップします。

バックアップ
バックアップ


バックアップ
まだ iCloud を使ったことがない場合は、App Store で利用している Apple ID とパスワードを入力してログインします。


バックアップ
「連絡先」がオンになっていることを確認します。

しばらくすると同期が完了するので、常に同期する必要がなければオフにします。


バックアップ
【iPhoneに残す】を選びます。

これで iPhone から連絡先を削除しても、iCloud に保存した連絡先はそのままです。


iCloud と同期した時の状態に戻したい時は、iCloud との連絡先の同期を再開させます。

iCloud と常に同期している場合、iPhone から連絡先を削除すると、iCloud にもそれが反映されてしまいます。整理する際は、iCloud の同期の設定に注意しましょう。

カレンダー・リマインダー・Safari(ブックマーク)も同期しておくと、万が一の時に iCloud からもデータを復旧できます。念には念を入れたい方にお勧めです。

バックアップから復元する方法

バックアップを取った時の状態に戻したい時は、バックアップからデータを復元しましょう。ただし、一部のデータだけを抜き出して復元することはできません。

iPhone・iPad を PC と繋いだら、iTunes を起動します。右上の【iPhone(iPad)】をクリックしましょう。

バックアップ


【概要】タブをクリック。

バックアップ


画面を下にスクロールして「バックアップ」の【バックアップを復元…】をクリック。

バックアップ


復元に使うバックアップを選びます。

バックアップ


バックアップの暗号化を解除するパスワードを入力します。

バックアップ


復元作業が始まります。作業中、iPhone・iPad は一切操作できなくなります。

バックアップ


iPhone・iPad が再起動し、iTunes との同期が終われば作業完了です。

iTunesでバックアップできるデータ

Apple によると、以下のデータが iTunes でバックアップされます。iCloud でバックアップする方法よりも、多くのデータを保存できます。

  • カメラロールの写真・動画
  • 連絡先と「よく使う連絡先」
  • カレンダー・予定
  • マップアプリのブックマーク・検索履歴・表示している場所
  • メモ
  • ボイスメモ
  • Nike+iPodの保存済みワークアウト・設定
  • Safariのブックマーク・履歴・Cookie・キャッシュ・開いているウェブページ・自動入力機能のデータ
  • ウェブアプリケーションのキャッシュ・データベース
  • ウェブクリップ
  • 通話履歴
  • ボイスメールトークン
  • メールアカウント(メールはサーバから再ダウンロード)
  • Microsoft Exchangeのアカウント
  • メッセージアプリの内容
  • アプリの設定・データ(一時ファイルは除く)
  • 壁紙・ホーム画面のアイコン配置
  • Game Centerアカウント
  • ネットワーク設定(Wi-Fiスポット・VPN)
  • キーチェーン(メールアカウント・Wi-Fi・ウェブサイト・アプリのパスワードなど)
  • 位置情報の使用を許可したアプリ・ウェブサイト
  • インストールされているプロファイル
  • ペアリングしているBluetoothデバイス(同じiPhoneにのみ復元可能)
  • 保存されている変換候補
  • 証明できない証明書を持つ信頼されたホスト

バックアップを暗号化する理由

暗号化することで、メールアカウント・Wi-Fi・ウェブサイト・アプリで使うパスワードを別のデバイスに復元できるようになるからです。

暗号化していない場合、これらのパスワードはバックアップされますが、別の iPhone に復元することはできず、ふたたび設定する必要があります。

故障で iPhone を交換した場合に役立つ上、バックアップデータをより安全に保存できるので、バックアップの暗号化をお勧めします。

ただし、パスワードを忘れると復元できなくなるので、扱いには要注意です。

参考

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ