Beats ワイヤレス: Appleが買収した世界最高峰ヘッドホン!

Appleに買収されるくらいすごいヘッドホン『Beats』をご存じですか?

beats - 04


ヘッドホンなのにワイヤレス。ワイヤレスなのに音がいい!ワイヤレスなのにマイク機能もある!!

そんな、すごいヘッドホンなんです。

AppBank社内にも愛用者が多いBeats。その魅力を詳しく紹介します。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼


Beats愛用者で魅力を語る動画

ヘッドホンなのにワイヤレス!

Bluetoothで接続するイヤホンは増えてきましたが、ヘッドホンはまだまだ有線のものばかりです。
そんななか、Beatsのヘッドホンはワイヤレスなのです!コードレスでスタイリッシュなヘッドホンです。

beats - 01


ワイヤレスでもマイク機能あり!

ワイヤレスになっても有線のヘッドホンに機能負けしません。【再生/停止ボタン】、【ボリュームボタン】のほかに【マイク】も付いているんです。
音楽を聞いてる時に電話がかかってきても、ヘッドホンを外さず応答できます。

beats - 02


有線にも切り替えられる!

ヘッドホンの充電が切れたとき、有線ケーブルをつなげば有線ヘッドホンとして使えちゃいます。もちろんボリュームコントロールやマイク付きのケーブルです。

beats - 03


マイク無しのケーブルもあります。ほかにも充電用ケーブルやイヤホンジャック変換コネクタ、専用ポーチなども付属しています。

beats - 04


なんと言ってもオシャレ!

Beatsはオシャレなんです!ヘッドホンそのものもオシャレですが、パッケージもめちゃくちゃオシャレです。

ブックカバーを開くように、横から順に開いていきます。
1つ目の黒い箱には充電ケーブルや有線ケーブル、取扱説明書などが入っています。そしてヘッドホン本体は、1番深い箱に卵のようにすっぽり収まっています。

beats - 05


私のお気に入りはブラックですが、ホワイトやレッドもメチャクチャオシャレです。
ケーブルを付けてもオシャレになるようデザインされたヘッドホンです。

beats - 06


個人的なお気に入りポイント

私(@egaku)の個人的なお気に入りポイントは2つあります。

1つ目は、ワイヤレスだけど音が途切れないことです。
イヤホンのワイヤレスタイプを幾つか試したことがあるのですが、iPhoneを持つ位置や使う場所によってブツブツ途切れるのがすごく嫌でした。

Beatsワイヤレスでは音が途切れたことがありません。どうしても接続状況が悪いときは、音が途切れるのではなく、早送りになったみたいに曲が飛びます。

2つ目は、ピアスやメガネをつけたままでも痛くならないことです。
イヤーパッドがものすごく柔らかくてふわふわしています。個人差はあると思いますが、私はメガネやピアスをつけたままでも痛くなりませんでした。

beats - 07


この2つを満たすワイヤレスのヘッドホンって、お値段がどんどん上がってしまうのですがBeatsはそこまで高くありません。

ちなみにブリちゃんが好きなBeatsはノイズキャンセリング機能がついた『Beats Studio』です。

beats - 08


好みのBeatsヘッドホンを探そう

Beatsシリーズには、ワイヤレスのヘッドホン『Beats ワイヤレス』、有線ですがノイズキャンセリング機能がついた『Beats Studio』、同じく有線で1番手頃なヘッドホンが『Beats Solo HD』が用意されています。

beats - 09


左:Beats ワイヤレス Bluetooth ヘッドフォン ブラック
中:Beats Studio ノイズキャンセリング・ヘッドフォン (レッド)
右:Solo HD オンイヤー・ヘッドフォン/マットブルー

良いヘッドホンを手に入れたい方はBeatsシリーズ、オススメです!

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

ワイヤレスのイヤホンはこちらがオススメ

back
軽量でコンパクトなBackbeat GO 2!

Bluetooth ステレオヘッドセット BackBeat GO2 ブラック


JayBird BlueBuds X
耳にフィットするのでランニング中でも大丈夫!

JayBird BlueBuds X Bluetooth イヤホン ストームホワイト


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!