ドコモ・au・ソフトバンクの新料金プランまとめ。通話料定額と通信量シェアの内容とは?

ドコモとソフトバンクに続き、au も新しい料金プランを発表しました。

新料金プラン


これまでは、通話時間に応じて通話料が生じました。ドコモ・au・ソフトバンクの新料金プランでは、一部の電話番号を除き、国内通話はすべて定額になります。

さらに新料金プランでは、家族で毎月の通信量をシェアできます。ドコモとソフトバンクの場合は、例えば家族で 20GB を分け合えます。au の場合は、使わない月間通信量を家族に贈れます。

※ 記事中の金額はすべて税抜表記です

新しい料金プランの構造

新しい料金プランは、基本プラン+接続サービス+データ通信定額パックからなります。これに iPhone の機種代金や各種の割引が加わります。

各社が用意しているプランの名前は以下の通りです。

ドコモ au ソフトバンク
基本プラン 携帯電話向け カケホーダイプラン 電話カケ放題プラン スマ放題 基本プラン
タブレット向け データプラン
接続サービス spモード LTE NET S!ベーシックパック(i)
データ通信
定額パック
毎月2GBまで データSパック データ定額2 小容量
毎月3GBまで データ定額3
毎月5GBまで データMパック データ定額5 標準
毎月8GBまで データ定額8
毎月10GBまで シェアパック10 データ定額10 大容量(10)
毎月13GBまで データ定額13
毎月15GBまで シェアパック15 大容量(15)
毎月20GBまで シェアパック20 大容量(20)
毎月30GBまで シェアパック30 大容量(30)
シェアサービス シェアオプション データギフト 家族データシェア

新料金プランの提供開始時期

ドコモは、新しい料金プランをすでに提供しています。

ソフトバンクは2014年7月1日、au は2014年8月13日から、新しい料金プランの提供を始めます。

毎月の料金

新料金プランの月額料金をまとめて紹介します。

ドコモ au ソフトバンク
基本プラン 携帯電話向け 2,700円
タブレット向け 1,700円 1,700円
接続サービス 300円
データ通信
定額パック
毎月2GBまで 3,500円
毎月3GBまで 4,200円
毎月5GBまで 5,000円
毎月8GBまで 6,800円
毎月10GBまで 9,500円 8,000円 9,500円
毎月13GBまで 9,800円
毎月15GBまで 12,500円 12,500円
毎月20GBまで 16,000円 16,000円
毎月30GBまで 22,500円 22,500円
毎月の料金(携帯電話向け) 6,500〜25,500円 6,500〜12,800円 6,500〜25,500円

各社のサービスとオプション

ドコモ:ずっとドコモ割

ドコモの継続利用期間に応じて、データ通信定額パックを割り引くサービスです。割り引かれる額は以下の通りです。

5年以上 8年以上 10年以上 15年以上
データSパック 600円
データMパック 600円 800円
シェアパック10 300円 600円 800円 1,000円
シェアパック15
シェアパック20 600円 800円 1,000円 1,500円
シェアパック30 800円 1,000円 1,500円 2,000円

au:データギフト

月間通信量を家族内で贈り合える、無料のサービスです。自分の通信量が余っている場合、家族内の特定の人物に 0.5GB 単位で月間通信量を贈れます。

贈った月間通信量はその月まで利用できます。繰り越しはできません。

2014年12月から提供予定です。

au:長期優待データギフト

3ヶ月に1度、au の利用年数に応じて、対象のデータ通信月額パックの月間通信量が増えます。

1〜5年目 6〜8年目 9〜10年目 11年目〜
データ定額2
データ定額3
+0.5GB +0.75GB +1GB
データ定額5以上 +1GB +1.5GB +2GB

提供開始時期は発表されていません。

au:増量キャンペーン

2014年8月から11月に新料金プランを契約すると、月間通信量が 20% 増えます。

データ定額2 データ定額3 データ定額5 データ定額8 データ定額10 データ定額13
追加容量 0.4GB 0.6GB 1GB 1.6GB 2GB 2.6GB
利用可能な月間通信量 2.4GB 3.6GB 6GB 9.6GB 12GB 15.6GB

さらに iPhone 5s/5c/5 ユーザーが新料金プランに変更すると、最大13ヶ月間、月間通信量が 1GB 増えます。上記の増量キャンペーンと合わせて利用できます。

ソフトバンク:データくりこし

データ通信定額パックで決められている月間通信量が余った場合、翌月に 100MB 単位で繰り越せるサービスです。翌々月への繰り越しはできません。

データくりこしを利用できるのは、【標準】から【大容量(30)】までのデータ通信定額パックです。家族おトク割と家族データシェアとの併用はできません。

ソフトバンク:家族おトク割

合計2〜10回線で、データ通信定額パックの月間通信量が合計 10GB 以上になる場合に、データ通信定額パックの料金を2年間割り引きます。

対象は【標準】から【大容量(30)】までのデータ通信定額パックです。家族データシェアと U25 ボーナスとの併用はできません。

標準 大容量(10) 大容量(15) 大容量(20) 大容量(30)
割引額(月額) 300円 1,000円 1,500円 2,000円 3,000円

提供開始時期は2014年8月です。

ソフトバンク:増量キャンペーン

『iPhone/iPad データ増量キャンペーン』では最大で13ヶ月間、iPhone と iPad ユーザーの月間通信量が 1GB 増えます。

このキャンペーンの利用には条件があります。2014年7月1日から8月31日までの間に、スマ放題の基本プランとデータ通信定額パックを契約する必要があります。

対象機種は iPhone 5s/5c/5 と、iPad Air・iPad mini Retina ディスプレイモデル・iPad Retina ディスプレイモデル・iPad mini です。

iPhone でデータ通信定額パックの【標準】以上を契約する場合は、『スマホデータ増量キャンペーン』が利用できます。最大で13ヶ月間、月間通信量が 2GB 増えます。

利用条件は、2014年7月1日から8月31日までの間に、iPhone でスマ放題の基本プランとデータ通信定額パックの【標準】以上を契約することです。

いずれの追加分も、データくりこしの対象外です。

ソフトバンク:ソフトバンク宛SMSが送信無料

ソフトバンクかディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク宛の SMS 送信料は、無料です。他社宛の SMS は1通3円の送信料がかかります。

ソフトバンク内外からの SMS 受信は無料です。

ドコモ・ソフトバンク:U25割引

25歳以下のユーザーが利用できる割引サービスです。ドコモは『U25 応援割』として、ソフトバンクは『U25 ボーナス』として、基本プランから料金を毎月500円割り引きます。さらに月間通信量が 1GB 増えます。

家族とデータ通信量を分け合う

新しい料金プランの特徴の1つは、月間通信量を家族で共有できる点です。これまでは、回線ごとに毎月 7GB までと定められていました。

ドコモとソフトバンクの場合、例えば4人家族では以下のように契約します。子回線には、通信量を分け合えるシェアサービスの料金が1回線ごとに発生します。家族全体の月額料金は29,500円です。

代表回線 子回線1 子回線2 子回線3
基本プラン 2,700円
接続サービス 300円
データ通信定額パック(20GB) 16,000円 なし
シェアサービス 不要 500円
毎月の料金 19,000円 3,500円

au の場合、月間通信量を自動でシェアできません。家族がそれぞれデータ通信定額パックを契約して、使わない月間通信量を家族に贈れます。家族全体の月額料金は32,000円です。

回線1 回線2 回線3 回線4
基本プラン 2,700円
接続サービス 300円
データ通信定額パック(5GB) 5,000円
シェアサービス 不要
毎月の料金 8,000円

ドコモ・au・ソフトバンクの新しい料金プランは、それぞれ異なる特徴を持っています。各社のプラン・割引・サービスを比べて、iPhone の使い方や家族構成に合う携帯電話会社を見極める必要がありそうです。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ