[レビュー] つややかな光沢と長方形デザインの『RECTA iPhone 6バンパー』

アルミなのに滑らかな手触りなのも魅力です。

recta6 - 07


RECTA アルミバンパー iPhone 6』は、あまり見かけないスクエア型のバンパーです。

限界まで肉抜きされているので軽量で薄く、長時間iPhoneを使っていても負担になりません。

また、一般的なアルミバンパーの削り出し加工ではなく、自動車部品製造に使われる「アルミダイキャスト」という方法で作られた滑らかな手触りもポイント高いですよ。

「iPhone 6は大きいから、バンパーは使いにくそう」と思っている人にこそオススメしたいです!

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

1分動画でRECTA アルミバンパー iPhone 6を解説

iPhoneに装着しよう

余分な凹凸のない、シンプルなフォルムが美しいです。

recta6 - 01


付属のレンチで4隅のネジを外しましょう。小さいのでなくさないように気をつけて。万が一なくしてしまっても、2本予備が付属しています。

recta6 - 02


バンパーは上下にわかれます。

recta6 - 03


iPhoneをはさみこむようにしてバンパーをセットし、元通りネジを締めましょう。

対角線上の順番でネジ締めをするとやりやすいですよ。

recta6 - 04


これで装着完了です。かっこいいですね。

recta6 - 05


RECTA アルミバンパー iPhone 6の詳細をチェック

iPhoneの背面カラーとの相性もバッチリです。

recta6 - 06


つるりとした滑らかな質感は、溶かしたアルミを型に流し込んで作る、アルミダイキャスト製法ならではです。

削り出しとは違う、繊細な印象になっています。

recta6 - 07


側面はギリギリまで肉抜きされています。バンパーとしてはめずらしいですね。

持ったときにiPhoneの丸みが指先に触れる感じがたまりません。

recta6 - 08


アルミバンパーはほかのアルミ製アクセサリとも相性バツグンです。

重厚感のある『アルミクレードル』で充電すると、めちゃくちゃカッコいい!

recta6 - 09


操作性をチェック

マナー・音量ボタン、反対側のスリープボタンも大きくくり抜かれていて、操作しやすいです。

recta6 - 10


ドック部分も大きくあいています。ですが上下の幅が狭いので、コネクタに厚みのあるLightningケーブルやL字のイヤホンを使う場合は注意が必要です。

recta6 - 11


AppBankのイヤホンアダプタ』は問題なく挿さりました。手持ちのイヤホンが使えるか心配な場合は、一緒に用意しておくといいですよ。

商品詳細はコチラ→AppBankのイヤホンアダプタ

recta6 - 12


薄型のバンパーですが外側に向かってゆるやかに高くなっているので、バンパーの方がカメラレンズよりギリギリ高さがあります。

ですが、机に置くときは注意したほうがよさそうですね。

recta6 - 13


バンパー左下にはストラップホールがあります。ストラップをつけるときは、つけてから左下のネジを締めましょう。

recta6 - 14


バンパーはやはり落下防止アクセサリと一緒に使いたいですね。安定感が違います。

バンパーにオススメの落下防止アクセサリ→フィンガーリング ストラップ

recta6 - 15


薄型のバンパーなので、女性でも持ちやすいですよ。

recta6 - 16


もちろん、シャープなスクエアの形状は男性が持ってもカッコよく決まります。

recta6 - 17


RECTA iPhone 6バンパー商品一覧

薄く軽く、滑らかな持ち心地は男女問わずオススメできます。

今までに削り出しアルミバンパーを使ったことがある人も、RECTA iPhone 6バンパーは持ち心地は新鮮で楽しめますよ。

ぜひチェックしてください。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

強化ガラスとホームボタンシールもあれば完璧!

recta6 - 18 バンパーと言えば強化ガラス!さらに『TouchID対応 ホームボタンシール ifinger』もセットになった強化ガラスなら、液晶面も滑らかな触り心地に仕上がりますよ。

【11月下旬】[0.33mm]スーパークリア強化ガラス TouchID対応ホームボタンシールセット iPhone 6


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ