【ドコモ】手元を見ずに日本語入力できるキーボードを発表、8/26公開

キーの位置を覚えなくても使えます。

ドコモ


ドコモが新しいキーボードアプリ『Move&Flick®』を2015年8月26日に公開します。視覚に障がいを持つ人も使いやすいキーボードを目指して開発されたアプリです。

iOS 8.1以上がインストールされたiPhoneで利用でき、ドコモに限らず、auやソフトバンクのiPhoneでも使うことができます。

手元を見ずに使えるキーボードとはどんなものなのでしょうか。

スライド操作でどこでも入力

Move&Flick®は、ローマ字入力の方式でひらがなを入力できます。

本来ならキーボードが表示されるエリアをタップすると、指の周りに文字入力キーが表示されます。8方向のいずれかに指をスライドさせると子音を選択、さらにそこから8方向のいずれかに指をスライドさせると母音を選択します。

たとえば「さ」と入力したいときは入力エリアをタップして「→」、さらに「↑」に指をスライドするだけです。

入力エリアの右上を「↓」となぞると変換、入力エリアの右中央を「←」で削除、入力エリアの右下を「↓」「←」となぞると確定できます。

これらの操作を順次読み上げる機能もあり、変換する際にはどんな漢字を使うのかの説明も読み上げてくれます。

Android版Move&Flick®の動画

AndroidでMove&Flick®を使っている様子を収めた動画をご覧ください。

正確にタップする必要がないので、スマートフォンの操作が苦手な人にも使いやすそうなキーボードです。

Move&Flick®は、8月26日に無料アプリとして公開されます。ぜひお試しください。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!