iPhone 6sの写真は生きている。ライブフォトで動き出す静止画を撮ろう

「ライブフォト」でアルバムアプリとの付き合い方が変わりそう。

2015-09-09apple87


(画像:Apple

iPhone 6sの写真モード「ライブフォト」は、「押すと動く写真」を記録します。今までの「HDRモード」のように撮影時にモードを選んで撮影すれば、普通に静止画としてSNSに投稿したり友だちに送ったりできます。

しかしアルバムで見ているときに写真を押し込むと、写真が動き出すのです。撮影時の瞬間が映像として、音としてよみがえる素晴らしい機能。
アルバムアプリがもっと好きになりそうですね。

Apple発表会まとめはこちら → 【完全版】iPhone 6s/6s Plus・iPad Pro・Apple TVまとめ

静止画が動き出す!

ライブフォトの撮影モードは画面上部から選択します。

2015-09-09apple90


(画像:Apple

撮影した写真をアルバムで開き、強く押し込みます。

2015-09-09apple87


(画像:Apple

すると、写真が一瞬ぼやけた後に3秒間ほど動き出すのです。このときに録音された音も再生されます。

2015-09-09apple88


(画像:Apple

写真は1200万画素の高画質で撮影されます。

2015-09-09apple92


(画像:Apple

よく動く小さい子どもを撮影したとき。撮影直後に手をあげちゃった・・・というときは後で静止画部分を変更できます。

2015-09-09apple93


(画像:Apple

開発用APIも用意されます。Facebookも対応するとのこと。

2015-09-09apple94


(画像:Apple

思い出のよみがえり感にちょっとワクワク

静止画をタップすると動き出すところがロマンティックですね。だけど容量がどれくらい大きくなるのでしょうか。iCloud以外のクラウドサービスには保存できるのかな・・・

iPhone 6s/6s Plusのアクセサリ情報はこちら

新型iPhoneのアクセサリ情報は下の画像から↓

2015-0910_iPhone6s - 1


▲ 参考になったら押してみよう! ▲
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
フリック1つで超爽快!ぶっとびアクション『スマッシュ&マジック』の事前登録が開始!
事前登録人数に応じて、貰える「サファイア」が増えていくぞ!

スマッシュ&マジック

AppBank 全力プッシュ!

オススメ