16GBモデルのiPhone 6sを買う方へ、4Kビデオは◯分撮影できます

一番容量が小さいiPhone 6sでどれくらい撮れるのでしょうか。

iPhone 6s


(画像:Apple

iPhone 6sはこれまでの1080p HDより高解像度の「4K」でビデオを撮れるのが特徴。とはいえ、その分だけ1分あたりの容量は増えます。

そこで心配なのが「16GBモデルで4Kビデオは何分撮れるのか?」と「ビデオを撮るときに解像度を切り替えられるのか?」です。

昨日のイベントでiPhone 6sを試用した動画を公開したYouTubeチャンネル『Marques Brownlee』が、この2つの疑問に答えています。

Apple発表会まとめはこちら→ 【完全版】iPhone 6s/6s Plus・iPad Pro・Apple TVまとめ

4Kビデオは1分で375MB

設定アプリの説明によると、ビデオ撮影1分間で必要になる容量は以下の通りです。

  • 720p HD 30fps:約60MB
  • 1080p HD 30fps:約130MB
  • 1080p HD 60fps:約200MB
  • 4K:約375MB

16GBモデルのiPhone 6は13GBほどの空き容量があるので、およそ35分間の4Kビデオを撮れる計算になります。実際の空き容量が分からないこと、撮影するものや状況で容量は増減することから、かならず35分撮れるとは限りません。

この計算が正しければ、空き容量が10GBなら27分ほど、5GBなら13分ほど、3GBなら8分ほど4Kビデオを撮れることになります。

いまお使いのiPhoneの空き容量は、設定アプリを開いて【一般】→【使用状況】をタップし、「ストレージ」にある「使用可能」でチェックできます。

設定


ビデオの解像度は切り替えられる

iPhone 6sは4Kのビデオ撮影に対応していますが、これまで通り720pや1080pという低い解像度でもビデオを撮ることができます。

Marques Brownleeが設定アプリの解像度を切り替える画面を紹介しています。設定アプリの【一般】→【写真とカメラ】で切り替えられるようです。

iPhone 6s


(画像:YouTube

720pや1080pを選べば、4Kより長時間のビデオ撮影ができます。

16GBモデルのiPhone 6s/6s Plusを購入した際は、まず解像度の設定をチェックしてみたほうがよさそうです。

iPhone 6sの試用動画

Marques Brownleeで公開されている動画はこちらでご覧いただけます。

参考

iPhone 6s/6s Plusのアクセサリ情報はこちら

新型iPhoneのアクセサリ情報は下の画像から↓

2015-0910_iPhone6s - 1


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ