広告ブロックだけではすまない「コンテンツブロッカー」の正体とは?

「iOS 9から広告ブロック機能が搭載された」と話題になっていますが、「コンテンツブロッカー」=広告ブロックではありません。

cbexplanation


この記事では、iOS 9で実装されたコンテンツブロッカーについての基本的なことを説明していきます。

広告ブロックとは?トラッキング拒否とは?そもそもどうやって導入するのか?など、コンテンツブロッカーについての疑問を解消します。

コンテンツブロッカーはSafariのアドオン

コンテンツブロッカーは、iOS純正のブラウザアプリ『Safari』のアドオン(拡張機能)です。アドオンとは、ソフトウェアやアプリに新たな機能を追加するためのプログラムです。

拡張機能のため、ユーザーがその機能を使おうとしないかぎりコンテンツブロッカーは動作しません。また、コンテンツブロッカーを利用するにはアプリを別途インストールする必要があります。

アプリ内ブラウザ(WebView)では動作しない

コンテンツブロッカーが動作するのは、標準ブラウザのSafariでWebページを閲覧したときだけです。
アプリ内ブラウザ(WebView)や、『Chrome』などのブラウザアプリでは利用できません。

コンテンツブロッカー=広告ブロックではない

一般的には「広告ブロック」と言われていますが、コンテンツブロッカーは文字通り「コンテンツをブロックする」ものであり、「広告をブロックする」ものではありません。「広告もブロックできる」ものです。

アプリによっては広告以外に画像や動画、TwitterやFacebookなどのSNS共有ボタン、JavaScriptなどのあらゆるコンテンツをブロックできます。

ブロックすることのメリットは?

コンテンツをブロックすると、そのコンテンツ自体を読み込まないため通信量を削減できます。また、表示するコンテンツが減るためWebページの表示速度も速くなります。
コンテンツブロッカーアプリの多くは、平均して約50%ほど通信量と読み込み時間を削減できるとアピールしています。

ブロックすることのデメリットは?

ユーザーにとって、直接的なデメリットはありません。

間接的なデメリットとしては、お気に入りのWebサイトがなくなる可能性があります。
なぜなら、無料で利用できるWebサイトの多くは広告費を収入源としています。その広告が表示されなくなれば収入を得られず、運営を終了するWebサイトが出てくると予想されるからです。

トラッキング拒否とは?

Webサイトの多くは、ユーザーの行動を追跡(トラッキング)しています。
「どこからやってきたのか?」、「どんなページを見たのか?」、「何を買ったのか?」、「なぜ途中で買い物をやめたのか?」など、そのデータを利用してユーザーに対してより適切なコンテンツや広告を表示しようとします。

この追跡を拒否することを、トラッキング拒否と呼びます。

ユーザーにトラッキングを拒否されると、Webサイト運営者はユーザーが訪れたこと(PV)を計測できません。つまり、そのユーザーはいないものと判断されます。
また、トラッキングのデータから最適な広告の表示も行われています。このため、トラッキングを拒否すると最適な広告が表示されなくなります(ただ、広告もブロックしている人が大多数でしょうから、最適な広告の表示/非表示については多くの人は関係ありません)。

コンテンツブロッカーが抱える問題は?

コンテンツブロッカーアプリの多くは有料です(1Blockerなどの無料アプリもありますが、機能開放にアプリ内課金が必要です)。
しかし、「他者の広告収入を減らすアプリでお金を取るのは、他者の利益を奪っているのではないか?」との批判が出ています。
また、広告を非表示にしたままサービスを利用することについて、対価を支払わずに無料でコンテンツを得る「フリーライド(ただ乗り)」ではないかといった批判もあります。

コンテンツブロッカーは使うべき?使わないべき?

この記事の解説・メリット・デメリット・問題を読んだうえで、それでも使いたいと思ったのであれば使う、それで良いと思います。
コンテンツブロッカーの利用/不使用については、強制できるものでも、また、するようなものでもありません。個々の判断で利用すべきものです。

業界側も、ブロックされたまま黙っているわけではありません。ブロックされない広告、新たな広告、コンテンツの有料化など、さまざまな動きに出ることでしょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!