iPhone 6sは部品の製造元でバッテリーの持ちが違う? 製造元を確かめる方法とは

部品の製造元は2種類あるようです。

20150925_iPhonenews6_n - 1


iPhone 6s/6s Plusで処理能力に大きく関係する『A9』プロセッサ。この部品の製造元によって、バッテリーの持ちに違いがあるかもしれません。

現在、iPhone 6s/6s Plusのプロセッサを製造しているのはサムスン社とTSMC社とされています。調査によれば、その比率はおおよそ50%ずつです。

くわしく見ていきましょう。

TSMC製だとバッテリーの持ちが良い?

iPhoneの性能をテストできる『GeekBench 3』で行われたバッテリーテストによると、サムスン製のプロセッサを載せたiPhone 6s Plusに対して、TSMC製のプロセッサを載せたiPhone 6s Plusは連続稼働時間が2時間ほど長いとの結果が出ました。

テストは2回実施され、いずれのiPhone 6s Plusも同じ設定で同じバックアップから復元されています。初期化した後に行ったテストでも結果は似たようなものだったそうです。

中国のウェブサイト『MyDrivers』で行われたテストでも、TSMC製プロセッサを搭載したiPhoneの方がバッテリーの持ちが良いとする結果が出ています。

サムスン製プロセッサを搭載したiPhoneの方が温度が高くなるとの報告もあります。

プロセッサの製造方法が影響か

現時点では調査結果の数が少なく、バッテリーの持ちにはプロセッサ以外の部品も影響する可能性があることから、プロセッサの製造元の違いが原因とは断定されていません。

しかしMac Rumorsによると、サムスンとTSMCではA9プロセッサを異なる方法で製造しているようです。このことが消費電力に違いを生んでいるのではないか、との推測を紹介しています。

調査は、性能をテストするベンチマークアプリを使って行われたものでした。日常的な使用において、バッテリーの持ちに大きな差が出るのかは分かっていません。

プロセッサの製造元を調べる方法

アプリ『Lirum Device Info Lite』で製造元を調べられるそうです。


アプリを開き、画面下の【Home】をタップします。円グラフの横に表示されている「Model」をチェックしましょう。これがiPhoneのモデル番号です。

iPhone 6s


引用元:Rogerio Hirooka

プロセッサの製造元は、このモデル番号から調べられるようです。Mac Rumorsによると、以下の表の通りになります。

iPhone 6s iPhone 6s Plus
サムスン製 N71AP N66AP
TSMC製 N71mAP N66mAP

(出典:Mac Rumors)

ぜひ1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

参考

TSMC’s A9 Chip Outperforming Samsung’s in Early iPhone 6s Battery Benchmarks – Mac Rumors

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ