Siriを無線で操られてiPhoneが遠隔操作される恐れ、不要なら機能はオフに

Siriの設定を見直しましょう。

Siri


フランスの研究者が、無線送信機を使って『Siri』や『Google Now』などの音声アシスタントでスマートフォンを遠隔操作できることを発表しました。

鍵を握るのはスマートフォンに繋がれている、マイク付きのイヤホンです。遠隔操作される仕組みと対策をご紹介します。

イヤホンがアンテナになる

発表によると、送信機が発した電波を受信するのはイヤホンのケーブルです。電波は電気信号となり、スマートフォンに送られます。

SiriやGoogle Nowがこの信号をユーザーによる命令と間違え、送る電波を調整することによって離れた場所からスマートフォンを操作できる、としています。

送信機などの装備がリュックサックに収まるサイズであれば約2メートル、車に収まるサイズであれば約5メートル離れた場所から操作できるそうです。

ユーザーが気付かない可能性も

スマートフォンを直接操作すれば、同じことが簡単に行えます。しかし、ユーザーに気付かれたり、証拠を残したりする可能性があります。

一方で今回の研究結果で明らかになった攻撃手法は、ユーザーがスマートフォンを使っていない時間を狙えば、気付かれずに離れた場所から実行できます。

iPhoneでの対策

対策その1:Siriの設定を変える

設定アプリの【Touch IDとパスコード】あるいは【パスコード】を開きましょう。

Siri


「ロック中にアクセスを許可」にある「Siri」をオフにします。

Siri


これでiPhoneのロックを解除しているときに限り、Siriを起動できるようになります。

Siriを使わないのであれば、設定アプリの【一般】→【Siri】で機能をオフにしましょう。

対策その2:使わないときはイヤホンを外す

イヤホンがアンテナとなって電波を受信するので、使わないときはiPhoneからイヤホンを外しておきましょう。

20150925_iPhonenews6_n - 5


この攻撃手法が実際に使われる可能性は低そうですが、仕事でiPhoneを使っている方は要注意です。Siriの設定を見直しておきましょう。

参考

Hackers use radio waves to silently control Apple's Siri, Android's Google Now – AppleInsider

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!