【マイクラPE攻略】レッドストーン回路 トラップ(罠)編

Minecraft: Pocket Edition(マイクラPE)』で、侵入者を撃退するためのトラップを張り巡らせましょう。

マインクラフト


(© Mojang AB 以下同じ)

レッドストーン回路を使えば、侵入者を検知し、TNTを爆発させたり、手の込んだ罠を作動させたりできます。

検知する方法は3つ。踏むと信号を送る感圧板、糸に引っかかると信号を送るトリップワイヤーフック、開けると信号を送るトラップチェストです。

さっそく使い方をご紹介いたします。

踏むと爆発

感圧板は「木製の感圧板」と「石の感圧板」の2種類です。どちらもプレイヤーやモブが踏むとレッドストーン回路に信号を送ります。

マインクラフト


材料は木製の感圧板が「木材」2個、石の感圧板が「石」2個です。

マインクラフト


「TNT」はレッドストーン回路からの信号で火がつき、数秒後に爆発します。

マインクラフト


糸に引っかかると爆発

「トリップワイヤーフック」は幅3ブロック以上の通路に設置できる罠です。

マインクラフト


プレイヤーやモブが通り過ぎるときに、この糸に引っかかると・・・

マインクラフト


レッドストーン回路に信号を送ります。

マインクラフト


トリップワイヤーフックの材料は「鉄インゴット」1個・「棒」1個・木材1個です。

マインクラフト


トリップワイヤーフックを設置するにはトリップワイヤーフック本体が2個と、クモを倒すと入手できる「糸」が1個以上が必要です。

両脇のブロックの側面にトリップワイヤーフックを設置します。糸を装備して、トリップワイヤーフックのあいだに糸を置いていきます。

マインクラフト


両脇のトリップワイヤーフックが糸でつながると、レバーが下がった状態になります。これでトリップワイヤーフックの準備は完了。あとは回路をつなぐだけです。

マインクラフト


感圧板とは異なり、トリップワイヤーフックは空中にも設置できます。

マインクラフト


開けると爆発

「トラップチェスト」は一見すると普通のチェストですが、中身を見ようとしてチェストを開けるとレッドストーン回路に信号を送ります。

マインクラフト


材料はトリップワイヤーフック1個と「チェスト」1個です。

マインクラフト


トラップチェストが発する信号は弱いので、TNTを遠くに置くときは工夫が必要です。

そこでトラップチェストから2ブロック以内で、ブロックの側面に「レッドストーントーチ」を置いた装置を回路に挟みましょう。このままでは開いていない状態でも信号が送られるので、同じ装置をもう1個挟むようにしてください。

マインクラフト


レッドストーントーチの材料は「レッドストーン」1個と棒1個です。

さっそく実験してみましょう。トラップチェストを開きます。

マインクラフト


表示される画面は普通のチェストとまったく同じです。しかし、その裏では・・・

マインクラフト


TNTに信号が送られて火がつき、爆発寸前です。音に気付かなければTNTの餌食になってしまうでしょう。

マインクラフト


TNTだけでは致命的なダメージを与えられない場合もあります。爆発した後に上から溶岩が流れてくるようにしたり、深い穴に落ちたりするようにしておけば、より効果的です。

Minecraft: Pocket Edition ・販売元: Mojang AB
・掲載時のDL価格: ¥840
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 0.13.0

マインクラフトPEまとめ

マイクラPEの最新情報・攻略記事をまとめてご紹介しています。ぜひご覧ください。
【マイクラPE】最新ニュース・攻略記事のまとめページ

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ