薄型化したiPhone 7からヘッドフォン端子が消えるかも?

次期iPhone 7からヘッドフォン端子が消える、との噂をウェブサイト『Macお宝鑑定団』が報じています。

20150925_iPhonenews6_n - 5


確かに現行のiPhone 6s / 6s Plusもかなり薄型化が進んでいて、これ以上薄くするとヘッドフォン端子を搭載できないように思えます。

ヘッドフォン端子が消えてしまったら、どうやって音楽を聴けばよいのでしょうか?

純正イヤフォンはLightning形式になる?

次期iPhone 7は、現行のiPhone 6s / 6s Plusより1ミリ以上薄くなる可能性が高いとのこと。そのためヘッドフォン端子を搭載するのが難しくなります。

そこでAppleは、付属のEarPodsをLightningコネクタ形式に変更して対応するようです。

もし噂が本当の場合、今までと同じヘッドフォンを使うにはLightning変換アダプタが必要になりますね。

ヘッドフォンに変換アダプタを付けて音楽を聞くなんて、ガラケーを使っていたとき以来だなぁと感じました。
個人的には厚みを増やして電池容量を大きくして欲しいですね。あと縦横のサイズももう少し小さくして欲しい・・・。

参考:Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ