Twitterが対応した『1Password』ってなに?

iPhone・iPad版の『Twitter』公式アプリが、『1Password』というアプリとの連携に対応しました。

Twitter


(© Twitter, Inc.・© AgileBits Inc.)

とはいえ、「そもそも1Passwordって何?」・「Twitterと連携して何ができるの?」という方も多いはず。

そこで1Passwordの正体と、Twitterとの連携機能をご紹介いたします。

無料のパスワード管理アプリ

1Passwordは、アプリ・ウェブサービスへのログインに必要なユーザーIDとパスワードをまとめて管理できる無料アプリです。

1Password
1Password


(© AgileBits Inc.)

アプリを開く際には1Password専用のパスワード、あるいはTouch IDによる指紋認証が必要。登録したデータはすべて暗号化されます。

さらにSafariでログインする際には、1Passwordのデータを呼び出してユーザーID・パスワードを自動入力させることができます。

アカウント乗っ取り対策に

Twitterに限らず、アカウントの乗っ取り・不正アクセスの原因の1つが、簡単なパスワード(例:1234・誕生日など)や同じパスワードの使い回しです。

1Password


(© AgileBits Inc.)

覚えにくいパスワードをつくる・使うのは大変ですが、複雑なパスワードを生成・管理できる1Passwordがあれば、パスワードが原因の乗っ取りは減らせます。

Twitterへのログインが簡単に

この1PasswordにTwitterが対応したことで、初回のログインがラクになりました。画面右側のボタンを押すと、1Passwordからパスワードを呼び出せます。

Twitter


(© Twitter, Inc.)

1Passwordを呼び出せない場合

iPhoneの言語設定をいったん英語にすることで、表示されるようになります(Twitterアプリがバージョン6.43.1の場合)。

設定アプリの【一般】→【言語と地域】→【iPhoneの使用言語】を開きます。

設定


【英語】を選び、画面右上の【完了】をタップ。さらに【英語に変更】をタップします。

設定


Twitteを開き、画面下の【Log in】をタップ。

Twitter


(© Twitter, Inc.)

すると、目の形をしたボタンが1Passwordのボタンに置き換わっています。

Twitter


(© Twitter, Inc.)

ボタンをタップしたら、下段の【More】をタップしましょう。

Twitter


「1Password」をオンに切り替え、画面右上の【Done】をタップします。

Twitter


1Passwordをタップしましょう(左)。すると、1Passwordのロック解除画面になり、解除すればユーザー名・パスワードを呼び出せます(右)。

Twitter
1Password


(© Twitter, Inc.・© AgileBits Inc.)

ここまで確認できれば、日本語に戻しても1Passwordとの連携機能が使えるようになっています。iPhoneの言語設定を日本語に戻しましょう。

設定アプリ(Settings)を開きます。画面が最初に戻っているときは【General】→【Language & Region】→【iPhone Language】の順にタップします。

設定


最後に【日本語】を選び、画面右上の【Done】をタップ。最後に【Change to Japanese】をタップすると日本語設定に戻ります。

設定


Twitter以外にも、さまざまなアプリが1Passwordとの連携に対応しています。この機会に、1Passwordをぜひお試しください!

1Passwordのダウンロードはこちら↓

1Password 1Password(iTunesでのレビュー評価:


Twitter ・販売元: Twitter, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 67.7 MB
・バージョン: 6.43.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!