iCloudに空き容量がないときの対処法

iCloud


ある日突然「iCloudストレージに空きがない」とのメッセージがiPhoneに表示されたことはありませんか? 通知は「Not Enough Storage」と英語で表示されることも。

その原因は、iCloudの設定にある場合がほとんど。今回は見直したい設定と、空き容量を確保する対処法をご紹介します。

空き容量をチェック

設定アプリの【iCloud】→【容量】で、iCloudストレージの空き容量がわかります。

iCloud


設定を見直す

多くの場合、空き容量がなくなってしまう原因はiCloudバックアップとiCloudフォトライブラリにあります。

iCloudバックアップはiPhoneの一部のデータをiCloudに保存する機能、iCloudフォトライブラリはiPhoneで撮った写真やビデオをiCloudに保存する機能です。

iCloudバックアップを再設定

iCloudにバックアップするデータを指定しましょう。初期の設定ではバックアップできるデータはすべてバックアップします。

設定アプリの【iCloud】→【ストレージを管理】→【iPhone】をタップします。

iCloud


必要ないアプリや項目をオフにしましょう。とくに容量が大きくなりやすい「フォトライブラリ」は、PCなどに写真をバックアップしている場合は不要です。

iCloud


iCloudフォトライブラリをオフにする

128GBのiPhoneを使っていても、iCloudに保存できるのは5GBまで。保存できる容量を増やすには有料プランしかありません。

iCloudを無料で使い続けるなら、iCloudフォトライブラリをオフにしてデータを削除しましょう。

設定アプリの【iCloud】→【容量】→【ストレージを管理】→【iCloudフォトライブラリ】を開き、【無効にして削除】をタップします。

iCloud


iCloud
次に設定アプリの【写真とカメラ】を開き、設定が「オリジナルをダウンロード」になっていることを確認。

それから「iCloudフォトライブラリ」をオフにしましょう。


オフにする際に警告が表示された場合は、iCloudフォトライブラリからiPhoneに写真やビデオをダウンロードできていません。

Wi-Fiにつなぎ、しばらくしてからiCloudフォトライブラリを再びオフにしてみましょう。データをダウンロードできるのは無効から30日間以内です。

不要なデータを消す

それでも空き容量が足りないときは、iCloudの不要データを消しましょう。

設定アプリの【iCloud】→【容量】→【ストレージを管理】を開き、「書類およびデータ」の欄に注目しましょう。使っている容量が大きいアプリからチェックします。

iCloud


いらないデータがあれば、左にスライドして【削除】をタップ。データはPCなどにあらかじめバックアップしておくことをオススメします。

iCloud


これでiCloudの空き容量を確保できるので、わずらわしい通知ともお別れできるはず。ぜひお試しください!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
スクエニ新作「ファイナルファンタジー」の育成RPGが登場! 事前登録して白魔道士/黒魔道士のきせかえ衣装や、★4 シヴァを手に入れよう。

ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ

オススメ