iCloudメールを自動で振り分ける方法

iCloudメール


iCloudに届くメール、みなさんはどう処理していますか?

実はルール(フィルタ)を設定すれば、条件に合う新着メールを自動で整理・削除・転送できます。その方法をご紹介します。

ルールを設定する

PCのウェブブラウザでiCloud.comを開き、iPhoneで使っているiCloudアカウント(Apple ID)でログインします。

iCloud

【メール】を開きます。

iCloudメール


(© Apple Inc.)

ウィンドウ左下の歯車ボタンをクリックし、メニューの【ルール】をクリックします。

iCloudメール


(© Apple Inc.)

【ルールを追加】をクリックし、まずは【ルールを選択】をクリック。条件に合うメールをどうするのかを決めます。

iCloudメール


(© Apple Inc.)

フォルダへ移動(振り分け)・ゴミ箱へ移動(削除)・メールアドレスへ転送の3つから選びましょう。

今回は「フォルダへ移動」を例にご紹介します。

メールの条件を決めます。送り主・Ccのメールアドレスや名前のほか、件名を条件に設定できます。最後にメールを振り分けるフォルダを決めましょう。

iCloudメール


(© Apple Inc.)

【終了】をクリックすれば設定は完了です。

振り分けたメールも通知させるには?

そのままの設定では、振り分けた新着メールは通知されません。こうしたメールも通知させるために、設定を変えましょう。

設定アプリの【メール/連絡先/カレンダー】→【データの取得方法】→【iCloud】を開き、「プッシュ対象メールボックス」で振り分け先のフォルダをタップ。

右端にチェックマークが付いていれば完了です。

iCloudメール


注意点その1:アイコンに未読件数は表示されない

メールアプリのアイコンには赤いバッジで未読メールの数が表示されます。しかし、これは受信トレイにある未読メールに限られます。

iCloudメール


ルールで振り分けた未読メールの数は、このバッジには表示されません。

注意点その2:通知されないときはフォルダ名を変える

振り分けた新着メールが通知されないときは、振り分け先のフォルダ名を半角英数字にしましょう。すでに使っているフォルダ名を変えたら、ルールも更新してください。

筆者の場合、日本語を含む名前のフォルダに振り分けるよう設定すると、振り分けた新着メールが通知されませんでした。半角英数字のフォルダに変えたところ、解決しました。

振り分け先のフォルダを開きやすくする

振り分けたメールを確認しやすいように、メールアプリをカスタマイズしましょう。

画面左上をタップし、「メールボックス」まで戻ります。

iCloudメール


画面右上の【編集】をタップし、【メールボックスを追加】をタップします。

iCloudメール


【iCloud】を開き、振り分け先のフォルダをタップ。左端にチェックマークが付いたことを確認したら、画面右上の【完了】をタップしましょう。

iCloudメール


これでメールボックス一覧に、振り分け先のフォルダが追加されます。

iCloudメール


この画面を中心にメールをチェックすれば、ルールで振り分けられたメールも開きやすくなります。

参考

iCloud: メールを自動的にフィルタリングする – Apple

▲ 参考になったら押してみよう! ▲
学園ジュブナイル×オンラインTCG『Revolve』


少年探偵・三舟ミナトとなり、仲間とともに謎の怪人「カラス男」を追う学園ジュブナイルものと、1枚で2つの側面を持つカードでデッキを組み戦うオンラインTCGが組み合わさったスタイリッシュTCG、それが『Revolve

事前登録はこちらから▶▶▶ゲームコネクト

AppBank 全力プッシュ!

オススメ