iPhoneのカレンダーを多人数と共有する方法

カレンダー


より多くの人とカレンダーを共有したい場合、以前ご紹介した方法では1人1人を招待するので大変です。そんなときは公開カレンダーを使ってみましょう。

iCloudカレンダーの利用が必須

今回ご紹介するのはiCloudカレンダーの機能です。そのため、カレンダーを共有する人はiPhoneのカレンダーアプリとiCloudのカレンダーを連携させる必要があります。

設定アプリの【iCloud】を開き、「カレンダー」がオンになっていることを確かめておきましょう。

カレンダー


「公開」を使う

カレンダーアプリを開き、画面下の【カレンダー】をタップします。

カレンダー


公開するカレンダーの【i】をタップしましょう。

カレンダー


「公開カレンダー」をオンにし、【リンクを共有】をタップします。

カレンダー


メールやメッセージなどでリンクを送ります。このリンクを知っている人は、誰でもこのカレンダーを閲覧できます。

カレンダー


公開カレンダーを登録する方法

公開されているカレンダーを登録する場合、iPhoneのカレンダーとiCloudカレンダーの連携は必要ありません。

たとえばメールの場合、送られてきたリンクをタップします。すると・・・

カレンダー


確認メッセージが表示されます。ここで【照会】を選びましょう。

カレンダー


追加完了のメッセージが表示されたら、【イベント表示】でカレンダーを開きます。

カレンダー


カレンダーアプリの画面下にある【カレンダー】をタップし、先ほど追加したカレンダーがあるかを確かめましょう。

カレンダー


登録したカレンダーを消す方法

設定アプリの【メール/連絡先/カレンダー】→【照会したカレンダー】を開き、登録したカレンダーを選択。さらに【アカウントを削除】で削除できます。

共有と公開の違い

「共有」は招待した人だけが閲覧・編集できます。一方で「公開」はリンクを知っている人なら誰でも閲覧できますが、編集はできません。

共有は特定の人と、公開は不特定多数の人とカレンダーの予定をシェアしたいときに使うのがオススメです。

共有の方法は以下のページでご紹介しています。
iPhoneのカレンダーを共有する方法

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ